スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #16 悪魔の口笛

最終話です。あぁ~泣く
先に書いておくと、当然のように「7」に続きます。
そして、FOXでの放送は秋です(全米とほぼ同時放送)
半年待っている間に、この盛り上がり感は絶対に薄れるぅーDocomo_kao20

今週のあらすじ・・・
妊娠中のマギーが腹部に激しい痛みを訴えたため、リックたちはヒルトップの医師の元へ彼女を搬送することに。道中、救世主と名乗る集団に遭遇することを想定し、武装してヒルトップに向かうが、案の定、屈強な男たちの集団に行く手を阻まれる。リックたちは、戦闘を避け、引き返しては道を変更するが、どの行く手にも武装した男達の集団が道を阻む。
一方、キャロルを探すモーガンは、図書館の前でうずくまる彼女を発見。負傷し憔悴した状態のため、アレクサンドリアに戻ろうとモーガンが説得するがキャロルはかたくなに拒絶する。

話は大きく2つです。
まず、キャロルさんとモーガンの話。
モーガンは、脇腹にケガをしているキャロルを見つけ、町へ戻ろうと説得。しかしキャロルは拒否。キャロルは、大切な人を守るために人を殺すことに耐えられず、ひとりで生きる道を選んだようです。確かに、この世界になって以来、それの繰り返しの日々です。元々、シーズン1でのキャロルさんは、今とは全然違う女性に見えていましたから、ムリをしてた部分はあるのでしょう。そんなワケで、連れ戻そうとするモーガンを巻いて、ひとり当てもなく動き出した時に、#15でキャロルが出合った男の集団の中のひとりが、彼女を捜し当て、いたぶって殺し始めます。そのキャロルを救ったのはモーガン。カレは銃で男を撃ち殺し助けます。この行為もモーガンの意思とは反する行動。
大切な人を助ける時、人は残酷にならざるを得ないと言うことでしょうか。
そんな時、ふたりの前に、馬に乗り、槍を持ったソルジャー風の男2人が「何があった?」とやってきます。
モーガンは、状況を説明し、助けが必要だと話すと、男達は、助けようと好意を示す雰囲気に−。
ここで終わりました。このソルジャーたちは、どう言う人たちなのか?「7」で具体的にされることでしょう。

一方、マギーをヒルトップに搬送中のリックたち。
行く手、行く手を阻む武装した男たちは、同じ集団の様子。そう考えると、相当大人数のようです。
途中、ウォーカー数体を鎖で繋いで、行く手を阻む細工をしてある場所も。そのウォーカーのひとりには、ミショーンのベストと彼女のドレッドヘアーがつけられており、もうひとりには、ダリルのベストが着せられていました。
リックたちは完全に包囲されている状況。しかし優先事項は、マギーをヒルトップへ連れていくこと。ユージーンにキャンピングカーを託し、リックたちは、歩いてヒルトップを目指したものの、結局、武装集団に捕まることに。
ここからシーズンのラストシーンが始まります。
「6」の最初から引っ張ってきた話題の男<ニーガン>登場!と同時に、#15で拉致されたミショーン、ダリル、ロジータも引っ張り出されました。彼らもニーガンたちに拉致されてたワケです。
ニーガン一味に拉致られたのは、リック、カール、エイブラハム、サシャ、ユージーン、マギー、グレン、ダリル、ミショーン、ロジータ、アーロンの11人。
ニーガンの長~いセリフに少々飽きましたが、仕方ない、「7」への序章と言うことでしょう。
ニーガンさんに圧倒される!と言うよりも、私は(あ!デニーだ)と思う方が先でDocomo_kao8
ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンは、グレイズ・アナトミーの前半でイジーと結婚した相手の印象が強くて。

で、衝撃のラストシーン。誰かがニーガンに滅多打ちにされました。
結局「6」ではそれが誰かと言うことは、明らかにされずに終わりました。
ネットでは、グレンじゃないか?エイブラハムだろ?リックか?と話題ですが、私はグレンであって欲しくない。

事実がわかるのは・・・そう半年後です

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #15 巡る因果 

月曜日の21時を楽しみにしていたら、FOXの放送が時間変更になってて、観れなかったDocomo_kao20
Hulu配信でやっと観る。

15話ラストに衝撃がぁぁあああ0口0

今週のあらすじ・・・

ダリルの助けたドワイドが「救世主」と名乗る集団の主要メンバーになっていた。
ダリルは、自分が情けを出して助けたドワイドによって、デニース(医者)が殺されたことをどうしても許せず、自分でカタをつけようと、静止を振り切りバイクで出る。ダリルを放っておけないグレン、ミショーン、ロジータは跡を追う。
一方、人を殺す行為を繰り返す自分に精神の均衡を失ったキャロルは置き手紙を残し、ひとり町を出たが、その途中、「救世主」の一味と思われる男たちと遭遇、一触即発の雰囲気に。町では、モーガンとリックがキャロルを探しに出るー。

キャロルさん、精神の均衡を失っています。しかし、リックも言ったけれど、彼女は本当に戦士です。今回も、ひとりで4人もの男たちをやっつけました。それは彼女の意思とはウラハラの行為。殺したくないのに、危険な状態に陥り、結果、殺してしまうことの繰り返しに耐えられなくなったキャロルさんは、どこかへケガをしたまま逃げている?様子。リックとモーガンの話し合いの結果、モーガンがキャロルを追うことに。キャロルはどうなったのか?モーガンは彼女を探せるのかは次エピソードに続く・・。

グレンとミショーンが説得しても、ダリルは自分を許せることが出来ず、ドワイドたちを探すことを止めない様子。ロジータもダリルと一緒に行動します。
グレンとミショーンは、一旦町へ戻ろうとしてドワイドたちに囲まれ捕まることに。
その状況に気づいたダリルとロジータは、ふたりを助けようとするが、結局、ドワイドとその仲間に包囲される。
その時、銃声と血が飛び散る映像がぁああ。ダリルが撃たれたみたいだぁ

ダリルファンなので、このあとの展開が非常に気になる~。
それに、それにマギーがおなかを押さえて激痛に苦しむシーンもありました。
まだ、出産には早いよね?これは大変。なのにグレンは、ドワイドたちに捕まっているし・・。

こんなに色んなことが起こっているのに、次がシーズンラストだって!
なんだとぉ~。
モヤモヤしたまま、何ヶ月も待たないとイケナイのかなぁ
最近は、当初のゾンビドラマのイメージがないぐらい、ゾンビが出てきません(笑)
また、ゾンビがたくさん出てくるのも見たいなぁ

JUGEMテーマ:ウォーキング・デッド
JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #14 強く在るために

なかなか更新できず

今週のあらすじ・・・・

ニーガンと名乗る集団の脅威が去り、アレクサンドリアの住民たちも平穏を取り戻しつつあった。しかし、住人の意識も以前とは変化しつつあった。たとえば、デニース(ドクター)。彼女は、はアレクサンドリアへたどり着く途中、ドラッグストアを見た記憶があり、そこへ薬品の調達に行きたいと、警備が非番であるロジータとダリルに一緒に行きたいと頼む。ダリルとロジータは、町の外に出た経験もなく、戦う力もないデニースを連れて行くことを拒否するが、彼女の熱意に負けて3人で調達に出かける。
一方、ユージーンが「ある考えがある」とエイブラハムをある場所へと連れて行き、未来のために「弾の製造」を始めたいと提案するのだが、彼らは揉め始める。

イヤ~、毎回バッサリとそこそこのメンバーが死んじゃいますDocomo_kao8
何度も繰り返されてることなのに、やっぱり毎回衝撃ですね・・。
今回は、デニースが殺されてしまいました。
町のドクターが居なくなってしまいましたね、コレは問題Docomo_kao20

今回は、ダリルが過去に助けた男が「ドワイド」が、元はダリルの物だったクロスボウを持って再登場。(シーズン6 6話「迷いの森」参照)過去に助けた人物が再登場して、自分たちを脅かすパターンが繰り返されると、心がすり減る気がします。
あのとき、助けずに殺すべきだったと後悔したくないのに、こんな風に命を狙われると、人間としての優しさなど、このような世界には不要なものなのかと思います。
そして、キャロルが精神の均衡を失ってしまったようです。「人を殺すことに耐えられなくなった」と言うような手紙を残し、町を出てしまったようだけれど、キャロルさん、どうなってしまうんだろう?
シーズン1の最初から出演し続けている残り少ないメンバーなので、なんとか生き延びて欲しいのだけれど。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #13 張り詰めた糸

今週は、ニーガンの仲間に拉致監禁されたキャロルとマギーのエピソード

今週のあらすじ・・・・
リックたちはニーガン達のアジトを襲撃し皆殺しにしたと安堵していたが、アジトの外で見張りをしていたキャロルとマギーはニーガンたちに一味に拘束されていた。2人について話しをしようと無線で呼びかけてきた女にリックは捕虜となった者同士を交換しようと取引を持ちかけるが、女は“2対1では割に合わない”とはねつける。別の場所へ連行され監禁されたキャロルとマギーはニーガンの仲間がまだたくさん残っていることを知る。

リックに無線でマギーとキャロルを人質にしたと告げてきたのは、ポーラと名乗る女でした。彼女たちは、ポーラをはじめ女性が3人と、キャロルが腕を撃った男の4人。しかし、ポーラは無線で仲間に連絡を取り、アジトが襲撃されたことと、リックらと戦うために集合場所を伝えている。つまりは、他にも数名ニーガンの仲間がいるようす。
結局、キャロルとマギーで、彼らを殺害し、リックたちが助けに来てくれたのと合流しましたが、これでニーガンを名乗る一味は一網打尽に出来たのかは、やや曖昧な状況です。
今回のエピソードは、女性同士の戦いに焦点が当てられていました。
キャロルもマギーも、生きるために、多くの人間を殺害してきたことを、今回のエピソードで改めて実感し、精神的にちょっと限界な感じ。
さてこの先はどんな展開になるんでしょうか?
最近、すっかりウォーカーの登場が減っています(笑)

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #12 殺めるべき者

1週間経つの、早い。
#12 「殺めるべき者」

今週のあらすじ 前週からの続き・・・
ニーガンをリーダーとするコミュニティから厳しい条件を突きつけられ、苦しい立場にあるヒルトップの住民たち。そんな時、彼らの仲間が人質に取られ、条件として「ヒルトップのリーダー、グレゴリーの首を持って来い」と要求される。
切羽詰まった仲間のひとりが、グレゴリーに襲いかかり、危うく殺されそうになったカレを助けたのはリックだった。
マギーは、グレゴリーたちと、彼らの豊富な食料物資をもらう代わりに「ニーガン一味から仲間を救い出して欲しい」と頼まれる。
どう考えても、人質を救い出すには、ニーガン達を襲撃するしかないと考えたリックは、アレクサンドリアの町へ戻り、住民に取引について報告する。いつものことながらモーガンは、ニーガンとまずは話し合いで解決しべきだと主張するが、町の住人たちも、食料事情の厳しさや襲撃された過去、ウォーカーの大群が押し寄せた恐怖を思い返し、リックたちの決断に賛同。
夜明け前にニーガンたちのアジトへ奇襲攻撃をかける。
作戦は、上手く行ったかに見えたが、館内放送から「武器を捨てろ。マギーとキャロルは私たちが取っている」と告知される。

なかなかの緊張感の中、ニーガンのアジトを襲撃したリックたち。
想像よりも、あっさり彼らを陥落させたかに見えた時、マギーとキャロルがニーガン一味に連れ去られたことを知ることに。
来週からニーガンたちとリックたちの心理戦がはじまりそうな予感。

先週から様子がおかしかったエイブラハム。
自分の気持ちに嘘はつけなかったのだろう、ロジータと同居の家から出て行こうとする。
もちろん、突然のことで理解できないロジータが理由を聞こうとする。
エイブラハム曰く、「出会った時は女はおまえだけだと思ったが、違った」と。
まぁ~ね、そう言うしかね・・・?
でもつい最近まで、ラブラブな生活しておいて、これはないよね、絶対。
エイブラハムは、サシャが好きなんだろうね、たぶん。
この先の展開に注目。

JUGEMテーマ:ウォーキング・デッド
JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #11 未知なる世界

今週もこの日を楽しみにしていました~!#11です

今週のあらすじ・・・

監禁された部屋から抜け出したジーザスは、リックの家に勝手に入り込み、「話がある」とリックを起こす。改めて、リック、ミショーン、ダリル、エイブラハム、グレン、マギーでジーザスの話を聞く。カレは「ヒルトップ」と呼ぶコミュニティに仲間と住んでいて、家畜を飼い、農作物を育てているため食料は充実しているが、武器と戦えるスピリッツを持つ住人がいないと言う。そしてジーザスは、一緒にヒルトップへ行き、町の状態を見た上で、取引しあう関係になれないかと提案。リックたちはヒルトップへ行くことに。
途中で、ウォーカーに襲われて逃げているジーザスの仲間を助けたリックたち。彼らの信頼を勝ち取った形でヒルトップへ行くが、その町のボス=グレゴリーが堅物の様子。そんな時、ヒルトップの住人が外から戻り、商談が決裂したと言って突然グレゴリーの腹を刺し、一気に争いが起きる・・・。

ようやく例の「ニーガン」と名乗るコミュニティの存在が明らかになりつつあります。
きっと、シーズン6の後半は、ニーガンとの争いエピソードが中心になりそうです。

このエピソードでは、やたらエイブラハムがフューチャーされてました。
どうやらエイブラハムは、ロジータと言う彼女がいて、ラブラブな状況にありながらも、サシャに惹かれてる様子。
この先、もしかしたら恋愛のもつれもあるのかも?
リックとミショーンの関係も、ほぼ公な感じになりました。息子カールには、「なんとなくそんなことになったが昨夜だけのことだ」なんて、気の迷いでセックスしたみたいな発言してましたけど、それもどうよ?
で、それを言った直後、ヒルトップへ向かうクルマの中で、リックは運転しながらミショーンの太ももを触ったり、手を握ったり。おぃおぃ~っと思ったのは私だけじゃないでしょう。
マギーの妊娠は順調のようです。無事に生まれて欲しいです。
 
JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #10 ジーザスと名乗る男

#10の始まり
穏やかな日常を感じる朝の雰囲気。あれ?ミショーンも朝シャワーを浴びたあとのよう。
だけど、カールは眼帯はしているけれど、元気になってましたきゃvネコ良かったよぉー
幼い弱虫カールの時から見ているので、カレのいないこのドラマはあり得ない。
と言うことで、皆で協力してアレクサンドリアの町を塀を強化し、町民で協力して生活をしている様子。
#9の大惨事は一旦落ち着いたところからスタート。

あらすじ・・・・
アレクサンドリアに流入したウォーカーの大群を一掃してからしばらく経ち、町は平穏を取り戻しつつある。リックとダリルは調達中にジーザスと名乗る男と遭遇。勧誘するか迷っている内に、見つけ出した大量の物資を載せたトラックを奪われてしまう。リックとダリルは、ジーザスのあとを追う。
一方、ミショーンはシャベルを担いだスペンサーが森の中へ入るのを見つけ、あとを追う。同じ時、カールとイーニッドもふたりで森の中で時間を過ごしていた。そこへ一体のウォーカーが現れる。


ジーザスと名乗る男が登場しました。物資トラックをめぐって、リックとダリルはジーザスと揉めましたが、その最中、ジーザスが、ダリルの命をウォーカーから助けた経緯もあり、クルマのドアで頭を打って意識をなくしたカレを、手足をひもでくくった状態で、アレクサンドリアの町へ連れ帰りました。ジーザスは、護身術も、縄抜けもいとも簡単にするようです。ジーザスがこれからのエピソードのキモになることは間違いないですね。

森の中でウォーカーと化したディアナと出会うエピソードは、つらいですね。
スペンサーが森を徘徊していた理由は、ウォーカーと化した母親(ディアナ)を見たからで、母親を終わらせるのは息子の責任と思ったからのよう。そして、イーニッドとカールも森の中で、ウォーカーになったディアナに遭遇してしまいます。カールは、ふたり(ミショーンとスペンサー)が森にいることを見ていたので、ウォーカーディアナを彼らの方まで誘導、スペンサーに託しました。それを見ていたミショーンは、夜にカールに自分の身を守るために、殺すべきだったと忠告しますが、カールは、愛する家族を終わらせるのは、家族であるべきだと主張しました。
過去にも家族がウォーカーとなり遭遇するシーンは何度もありましたが、カールの言うとおり家族が終わらせるのがベターなのでしょう。

で、びっくりしたのか、リックとミショーンカップルの登場です!
このふたり、元々信頼し合っていた関係ですから、あり得なくもないけれど・・ね?
リックには割と恋っぽいストーリーがあるのに、ダリルには全然ないのよね~
たまにはダリルにも恋のお話、あってもいいのになぁ~

JUGEMテーマ:ウォーキング・デッド
JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season 6 #9 決死の一夜

待ちに待ったシーズン6の後半がスタートエクステンション
何をおいても今日は、コレだけは観たかったエクステンション

イヤ~、相変わらず、(そーくる?)と言う予想外な展開になるんで引き込まれますDocomo_kao8
後半スタートでこの勢い!これからどうなってくんでしょ?

この先、感想は完全ネタバレです
まだ見ていない方は、前知識なしで観ることが絶対にオススメです
(#8「雪崩」のあらすじはココ

危険以下、ネタバレ感想危険

まずは、アレクサンドリアの町の外にいる「ダリル、サシャ、エイブラハム」の3人
給油トラックを見つけたダリルは3人でアレクサンドリアの町へ戻る道中、バイクの集団に足止めされ、銃を奪われる。バイク野郎の集団は、銃を奪うだけでは終わらず、結局全てを奪い、彼らの命も奪おう銃を向けたところで、バイク野郎の集団の真ん中に爆弾が落ち、彼らは木っ端みじんになる。なんと、それはダリルのぶっ放したランチャー銃の威力だった。
なんとか、危機を脱した3人は、給油トラックで町へ向かう。

アレクサンドリアの町。
塔が崩壊したため、多量のウォーカーが町に侵入。移動することもできないほどのウォーカーの数に。
しかし、カールとジェシーの息子ロンがもめ、ドアが壊れ、家の中にまでウォーカーが侵入してしまい、移動せざるを得なくなったリック、カールとジュディス(赤ちゃん)、ジェシーと息子:ロンとサム、ミショーン、ゲイブリエル(牧師)は、ウォーカーの内蔵を塗りつけたシーツを全員がかぶり、ウォーカーの中を武器庫まで移動しようとする。
しかし、想像以上のウォーカーの数に作戦を変更。採石場へ行き、クルマでウォーカーを外へ誘導することに。ジュディス(赤ちゃん)はゲイブリエル責任を持って教会で守ると約束。サムもゲイブリエルと待っててとジェシーが諭すがサムは離れたくないと言い張る。しかし、これが最悪の結果へと導くことに。
あまりのウォーカーの形相にサムは耐えれず、冷静さを失い、結果ウォーカーに噛みつかれてしまう。ジェシーはサムが襲われたのを見て叫び声をあげ彼女もウォーカーの餌食に。
そのジェシーと手を握っていたカール。ジェシーの手がカールから離れないのを見て、リックはジェシーの手を斧で切り落とす。
それを見たジェシーの息子ロン(長男)は、父親に続き、母親までもとリックに銃口を向け、撃つ。
すぐさまミショーンがロンを斬り殺し、事なきを得たかのように見えたが、ロンの撃った弾はカールの右目を貫いていた。
リックはカールを抱きかかえ、ミショーンの援護を受けつつ診療所へと走り込む。

リックはカールが撃たれたことでまたも正気を失いミショーンが止めるのも聞かずひとりでウォーカーの中へ挑んでいく。ミショーンはリックと共にウォーカーと戦う。
それを見ていた町の住人も戦うと覚悟を決め、ウォーカーに中へと次々戦いに入り始める。

グレンとイーニッドは、作戦をたて、監視台の上で取り残されたマギーを助けに向かう。しかし、グレンがウォーカーに囲まれ危険な状況に。それを助けたのは町に帰り着いたダリル、エイブラハム、サシャだった。
ダリルはウォーカーを導き、ガソリンで彼らを焼き殺す。

と言う展開。
カールは右目を失うも、一命は取り留めた?様子
医学的にあり得ない気がするけど、カールの成長を見てきた私としては、それでも生きてて欲しい。
それはグレンとマギーカップルにも思うこと。今回もグレンが危なかったけど、生きてて良かった!

シーズン6スタートから、いくつものグループの話に分かれてたけれど、ここで1つにまとまりました。
リックは、住民の気持ちに変化が起きたことを感じとり、カールに新しい世界を自分が作り、それを見せたいと強く願います。
この感じだと、リックがアレクサンドリアの町の立て直しをするのだろうと思いますが・・・
ダリルが一度は倒したニーガンをリーダーとする集団との戦いが起こりそうな気がします。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season6 #8 雪崩

塔が崩れ倒れたことで壁が崩壊、ウォーカーの大群がアレクサンドリアの町へ流れ込んだ。
住人は必死で自宅へ戻る。
リックは、カール、ミショーン、ゲイブリエル、ディアナと共に非難場所を求めて逃げる。
しかし、その途中、ディアナはリックをかばい負傷する。5人はジェシーの家に非難。そこにはジュディスもいた。
しかし、ディアナの傷は重症で、おなかはウォーカーに噛まれたあとがあった。

リックは、町からウォーカーを追い出す作戦を練るが、そんな時にガレージで大きな物音がした。
カールとジェシーの息子ロンが揉めていたのだ。もめ事の音のせいでウォーカーの大群がジェシーの家に押し寄せ、ジェシーの1Fはウォーカーだらけに。
このままではやられてしまうと判断したリックは、身体にウォーカーの内蔵を塗りつけ、隠れて脱出することに。
ディアナは、自分の死期を悟りここに残ることになった。
なんとか家から脱出したリック、カール、ミショーン、ジュディス、ジェシー、息子のロンと弟サムだったが、この弟が恐怖に耐えられず、ウォーカーの大群の中で「ママ、ママ・・」と名前を呼んでしまう・・・!!!!

ここで#8は終了。
ん~、めっちゃ気になる。

他のメンバーの状況は・・・
モーガンが匿っていた、額にWの男。カレを生かすか殺すかでキャロルとは意見が対立している。そんな時、キャロルがモーガンの不意をついて、Wの男を殺そうとするが、モーガンがそれを止めに入り、キャロルと揉める。その結果、モーガンが無防備になったところを、Wの男が不意打ちし、結局ドクターを人質に脱出することに。
モーガンの気持ちもわかるのよ、キャロルも極端だとは思う。しかし、この状態で身内が揉めるのが1番ナンセンス。
結局、Wの男は脱出できるのか?だって、町中ウォーカーだらけだし。

グレンとイーニッドはウォーカーの大群を前に町の中に入れないまま。
木に登り、作戦を練っている時に、マギーが監視台にひとりいるのを見る

そして、ダリル、サシャ、エイブラハムは、クルマで町に向かってる途中で、複数のバイク野郎と対峙することに。
彼らは、「おまえらの持っているものは何ひとつおまえらのものではない、全てのものを置いていけ!」と指示します。
サシャが、「私たちのものでないなら誰のもの?」と問うと、「すべてはニーガンのものだ」と言うシーンで終わりました。

これも今後の大きな展開になりそうです。

とにかく9話は早く観たい!
あと1ヶ月待つなんて酷だ~

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ウォーキング・デッド season6 #7 生かされる命

なんと!グレンが生きてましたよ~!
グレンは、ニコラスをかばってウォーカーの中に落ち、ニコラスの下敷きになったためギリギリで助かったようです。
良かったよぉ~

それではあらすじ・・・・

グレンはなんとか生き延びていた。しかし周辺を歩いても水もない状態。それを助けたのは、両親がウォーカーに襲われたことで、生きる意味を失っているイーニッド。彼女はWの襲撃前に町から脱走していたのだった。グレンはイーニッドに両親のためにも生きろ。一緒に生きようと諭します。ようやく町に辿り着いたふたりが目にしたのは、町の周囲を囲むウォーカーの大群。
彼らは安否を緑の風船を飛ばすことで伝えるが、その直後に外にあったタワーが町側へ崩れ落ち、町の囲いが崩れた!!!

グレンが生きてて本当に良かった!そして早くマギーと再会させてあげたかったのに、ラストで塔が崩れ落ち、塀を崩壊させてしまいました!最悪・・・・

ジェシーの息子ロンの行動も、混乱させるだけの様子。
父親を殺された怒りで、リックを殺したいのか、カールを狙っているのか、不安です。

次回#8が シーズン6の一部のラストだそうです。
ん~気になる・・・・

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ウォーキング・デッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3