スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

(海外ドラマ)ブレイキング・バッド シーズン5 (全16話)

Breaking Bad  season 5 *ブレイキング・バッド*(全16話)



<あらすじ>
ニューメキシコ周辺の麻薬カルテルを牛耳っていたガスを殺害し生き延びたウォルターは、ブルーメスの製造と販売を自分で牛耳ろうと、ジェシーとガスの手下だったマイクに作戦を持ちかける。しかし、DAEはガスを探るうちにマイクの存在に気づき、徐々にウォルターに近づく。妻スカイラーとはすっかり冷え切った家庭になり、ガンも再発。ウォルターは事態を打開しようとするが、すればするほど取り返しのつかない悲劇へと加速するように進んでしまう・・・
 
ラストシーズンです。

5に入ってから俄然面白くなりました。イヤ、面白いと書くと語弊があります。
どんどん展開していく状況に引き込まれたと言う感じです。
ずっとウォルターを観てきて、自信のない覇気のない、情けない化学教師のどこが良くてスカイラーは結婚したんだろうと思ったけれど、最高純度のブルーメスを作り、麻薬カルテルを牛耳ろうとするウォルターのはあの頃の情けないウォルターの姿は全くありません。DEA捜査官や、裏社会の人間の考えていることの裏の裏を読み、行動する。ウォルターにはそのセンスがあるし、度胸もあるのです。
貨物列車から「メタンフェタミン」を抜き取る計画は、ハラハラ、ドキドキしました。
もう十分なお金を手にし、ここで手を引けば良いものを、ウォルターが止めない理由は、カレにとってブルーメスを作ること、認められることが<生きる証>になっていたのでしょう。
そんなウォルターも、麻薬カルテルから足を洗うことにします。
これでキレイに止められたら良かったけれど、そう簡単な世界じゃないんですよね、裏社会は。
中盤は、ハンクにとうとうバレました。ハンクとウォルターが対峙するシーンは見応えがありました。

ウォルターのことは、わかるような、全く共感できないようなそんな人物でした。
家族とそれに準ずるものには果てしない愛情があり、責任感もあるクセに、今の自分(教師である自分)に満足していなくて、化学の世界で成功したかったと言う成功欲が深い人物だったと思います。
ジェシーのことをウォルターは親戚の子、もしくは息子同然のように愛していたのだと思います。
最終話。ウォルターは、心残りだったことを全部やり遂げて亡くなりました。ウォルターにとって、この事態になった以降では1番納得の幕引きだったんじゃないかと思います。
ジェシーが、あのあと逃げ切って、新たな人生を歩んでくれることを祈る気持ちになりました。

骨のある社会派海外ドラマでした。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ブレイキング・バッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ブレイキング・バッド シーズン4 (全13話)

Breaking Bad  season4 *ブレイキング・バッド*(全13話)



Huluの「ブレイキング・バッド」視聴終了のアナウンスメールが届きましたDocomo_kao20
ここまで観たら、最後まで観たい一心で、飛ばし気味で視聴完。

シーズン3のラストエピソードは、ウォルターとジェシーの雇い主ガスの非道さを知り、ゲイルがひとりで純度に高いメスを生成できるようになったら、自分たちはお払い箱にされるといち早く気づいたウォルターは、ジェシーにゲイル殺しを頼む。ジェシーがゲイル宅へ訪れ、銃声が聞こえたところで終了。

シーズン4は、その続きから。
ジェシーはゲイルを殺しましたよ!これでふたりは、ガスの下でメス精製を続けることに。
ガスがメタンフェタミンを強気に商売するため、メキシコの麻薬カルテルが怒りだし、一触即発の状況に。このことがウォルターとジェシーにも影響します。
ウォルターの義弟ハンクは、自由に歩けない状況を憂い、DEAの仕事を辞めることを決めますが、DEAはカレを引き留めるために、ゲイル殺害とブルーメスが関係しているかも知れないと資料を渡し、ハンクはその資料を見ている内に、ガスとカレのお店「ポジョス(フライドチキンの店)」がブルーメスと関わりがあることに気づき、執拗にガスの周りを調べ始めます。
そのことでウォルターは益々窮地に陥いります。

結局、ガスは自分の命を危険にさらしても、メキシコの麻薬カルテルの幹部とボスを殺し、決着をつけました。
それと同時に、DEAの義弟がいるウォルターの存在が危険と感じたガスは、ジェシーを囲いこみ、ウォルターを切る(殺害)行動に出ます。
ウォルターは、もうガスを殺すしか道はないと判断。ジェシーとも一時は仲違いさせられていたが、理解しあい、ふたりで協力してガスの呪縛から逃げようと行動を起こします。

ラストは、ウォルターの作った爆弾を、サラマンカじぃさんが作動させて、自分とガスとその幹部をも死に追いやりました。
それを確認したウォルターは、ハンクがメス製造工場ではないかとかぎつけていた、製造化学工場を爆発させ、これで呪縛からは逃れたのかも・・・?そんな簡単な世界じゃないですよね、麻薬カルテルは。
さて、これからどうなるのか?ラスト16話。
とにかくなんとかシーズン4まで視聴完。残すところ、ラストシーズン(全16話)のみ。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ブレイキング・バッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ブレイキング・バッド シーズン3 (全13話)

Breaking Bad  season 3 *ブレイキング・バッド* 全13話

bb3.jpg
ここまでのStoryをまとめる(シーズン1、2)
肺ガンステージ3と診断されたウォルターは、自分の治療費や妊娠中の妻の出産、生まれてくるBaby、そして脳性麻痺の息子ジュニアの今後の教育費、そして自分の死後の家族の生活を憂い、お金の工面に苦悩した結果、中退したチンピラの教え子ジェシーの助けを借りて、メタンフェタミン(通称メス)の製造販売を行うことに。しかし、マフィアが絡むドラッグの世界はそう簡単に販売できる世界ではなく、ジェシーの友だちで、メスを売り子たちが逮捕されたり、殺されたりとドンドン悪い方向へ進んでいく。
ジェシーは、好きな女の子が出来るが、現状の不安とドラッグの誘惑に負けてジャンキーに成り下がり、結果愛する彼女を覚醒剤で死なせてしまうことに。そんなジェシーを放っておけないウォルターは、ジェシーをリハビリ施設へ入所させる。
一方、効果は薄いとされた化学療法でガンが小さくなったウォルターは、手術できることになり、なんとか余命を伸ばすことができ、妻スカイラーも無事女の子を出産。赤ちゃんを抱くことができたウォルターだったが、とうとうスカイラーにメス製造、販売の事実を知られてしまう。家族のためだったと説明するウォルターにスカイラーは離婚も視野に別居すると宣言し、ウォルターは自宅を出ることに。

ここからシーズン3
前半。
二度とメス製造はしないと、麻薬カルテルルートへも伝え、まっとうな道へ戻ろうとするウォルター。別居中のスカイラーにも(この状況になり、家族のために仕方なくやったことだ)といろんな方法でアプローチし続けるが、スカイラーには届かない。
ウォルターが努力してもしても、夫婦関係はこじれるばかり。スカイラーは職場の上司と肉体関係を持ってしまう。
ジリジリするウォルターの元に、ジェシーからもう1度メスを製造しようと誘いがあったり、麻薬カルテルからもメス製造を高額で依頼される。一度は断ったウォルターだったが、ジェシーがひとりでメスを製造、麻薬カルテルにそのブツを流したあたりから気持ちが変化し出す。
決定打だったのは、麻薬カルテルから渡された完璧なメス製造ラボ!このラボを見たウォルターは、化学者の血が騒ぎ出し、依頼を受ける。
そしてウォルターは離婚を決意。職場の学校でも奇行を見せて長期休職を勝ち取る。
そんな時、義弟でDEAのハンクは、メキシコへの任務を拒否したい理由をブルーメス製造販売者逮捕への情熱へと変化させ、とうとうキャンピングカーと、その所有者ジェシーの存在まで辿り着く。
キャンピングカーにはウォルターの指紋をはじめ痕跡が多数あることからウォルターは動揺。色々画策してキャンピングカーをスクラップにしようとするが、その行動を知ったジェシーは、それを阻止しにスクラップ工場までクルマでやってくる。ソレを備考してきたハンク。絶体絶命の状況!
ここで大きな山場があります。

後半。
ジェシーと再びコンビを組み、ポジョスの支配下カレのクリーニング工場地下のラボでメス製造をするふたり。
そんな時、義弟でありDEAのハンクが麻薬売人と思しきふたりの男に襲われる。ハンクは犯人のひとりを仕留め、もうひとりは半死状態にしたが、ハンク自身も生死の境をさまよい、一命を取り留めたものの、歩けない状態に陥る。
ハンクに充実したリハビリをしたいマリー(ハンクの妻)だが、自費リハビリは想像以上の高額。マリーの姉であるスカイラーは、治療費援助を申し出る。
スカイラー曰く、ガンの高額医療費と、自分の死後、家族へ遺すお金がないことで、正常な判断が出来なくなったウォルターは、ギャンブルにハマり、全財産を失うアクシデントがあったが、今は高額を手にしているとマリーに説明。そのお金を治療費に援助したいと言う。
スカイラーは、ウォルターのお金と関わることを決意した。
しかしウォルターにはその後もいろんな問題が起こり、新しい製造者ゲイルが現れたことで、殺されかかる。
それを止めたは・・・ジェシーか??

ここで終了。

ドンドン悪循環の世界に入り込んでいくウォルターとジェシー。
もう麻薬カルテルの世界からは、何もなしで抜けることは不可能。
ふたりはどうなるんでしょうか?


JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ブレイキング・バッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ブレイキング・バッド シーズン2 (全16話)

Breaking Bad  season2 *ブレイキング・バッド*(全16話)


このドラマを観るだけで、現在のアメリカが抱える問題が、がっつりわかります。
まずは、ドラッグ、そして銃。
オバマ大統領が銃規制すると言うけれど、低所得者、低学歴になればなるほど”銃”が必要な社会で暮らすことになり、そうなると銃が目の前にある日常になる → 近くの人間がふつーにドラッグを使う → 金銭問題が発生する、または、ドラッグを買うために危険な人たちと接触することになる → 銃が必要になると言う無限ループ。
そのぐらい、今のアメリカではドラッグも銃もそこら辺にふつーに存在するようです。

次に、恐ろしく高額の医療費。これは異常です。
たった3日間の入院費が1万3千ドル!日本円で150万?Docomo_kao20
抗がん剤の効果が見られ、肺葉切除術を勧められたウォルターに示された金額は、20~30万ドル。
日本円で2千万??Docomo_kao20
しかも保険が効かないんだって、肺葉切除術が! それってどんな保険!
家が買えちゃう値段が治療にかかるなら、ガンになったら死ぬしかない。冗談抜きで。
子どもの学費もハンパない金額だし、アメリカ、やっぱりおかしい。

ウォルターは、高学歴で、高校の化学の教師。聖職と呼ばれるちきんとした仕事についてるカレでさえ、生活は苦しく、医療費が払えない。その上妻は予定外の妊娠で出産目前・・・。
そりゃ、犯罪だとわかってたって、化学の知識があるんだもん、メタンフェタミン(メス)を作って売りたくもなる。

このドラマの魅力はこのリアリティだろうと思う。
カレが特技を生かして、自分のため、家族のためにお金を始めた副業がドラッグ精製だったって、それだけのことと思えば、それだけのことなんだけど、故に、劇的に良いことはほとんど起こらず、むしろ悪い方へ悪い方へ事が運ぶ。だって現実はこの程度だもんね。それがリアルだ。
シーズン2のラスト。ブルーメス(ウォルター作のメタンフェタミン)は、弁護士が紹介したある組織に売れ、ひとり48万(約5千万)を手に出来た。
ウォルターの肺がんの手術も成功に終わり、とりあえずは、一息つける状況に。
しかし、ジェシーは恋に落ちた隣の女の子に誘われて、コカインを打つところまで墜ちてしまった結果、彼女はコカインの過剰摂取で死亡。彼女を愛していたジェシーは心身共にボロボロに。コカインも辞められなくなっている状態。
ウォルターは、そんなカレを放っておけず、リハビリ施設?に入れる。
家族のために隠し通してきたウォルターのウソが、とうとう妻のスカイラーの知るところに。本当に理由はわからないままだが、それよりもウソだらけのウォルターを信用できないと言い、「明日の朝には、この家を出てくれ」と宣言し、自分は妹のところへ。
ウォルターは覚悟を決めて、何もかも真実を話すから聞いてくれるか?と言うが、スカイラーにはもう遅かった様子。

ここで終了。
 
JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ブレイキング・バッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ブレイキング・バッド シーズン1(全7話)

Breaking Bad  *ブレイキング・バッド* Season1(全7話)


<CAST>
ブライアン・クランストン:ウォルター・ホワイト
アーロン・ポール:ジェシー・ピンクマン
アンナ・ガン:スカイラー・ホワイト
ディーン・ノリス:ハンク・シュレイダー

<Story>
アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキ。平凡な化学教師ウォルター・ホワイトは第二子妊娠中の妻と脳性麻痺の息子の3人家族。しかし教師の給料は安く、夜は洗車場でアルバイトをして生活費を稼ぎ、なんとか平穏に暮らす日々。ところが、50歳の誕生日を控えたある日、末期ガン(非小細胞性肺ガン、ステージa)と宣告される。手術不適応で治療には多額のお金が必要、その上、自分が死んだあとの家族の生計のためにもお金を残したい。考えに考えた末、ウォルターが下した決断は、「高純度ドラッグ精製」だった。ウォルターは、カレの教え子で、ドラッグ漬けのジェシーをパートナーにし、人生を賭けてその世界へと踏み込む。

<感想>
2008年全米で放送され、エミー賞、ゴールデングローブ賞を授賞。2013年のファイナルシーズンである5の視聴率は驚異的だったと言う。いろんな人のブログでも面白いと高評価だったので視聴してみた。
シーズン1を見終わって、まだそこまでの引き込まれ感はないが、ウォルターが、化学の知識で、処罰できないような非道徳的な人間を成敗していく様子は痛快で、スカっとする。
荒野に白のブリーフで立つ画像のシーン。絵になるんだよねぇ~、これが。
7話でシーズン1が終わっているのは、脚本家のストライキのせいらしい。故に、シーズン1は序章感が漂う。
1の後半エピソードで、生真面目で、面白みのなかったウォルターが、一線を越えたことで覚醒した感じがあり、これから先のカレが楽しみ。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ブレイキング・バッド) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3