スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

(海外ドラマ)デスパレートな妻たち シーズン7 全24話

DESPERATE HOUSEWIVES  Season 7 (全23話)
*デスパレートな妻たち*

 

 

シーズン7の大きな事件

 

その1

フェリシア(マーサの姉)殺害の罪で服役中だったポールの無実が証明され、ポールは釈放され、ウィステリア通りへ戻って来る。逆にフェリシアが服役することに。

ウィステリア通りで再出発するポールを受け入れようとしない近所の住人。

そんなポールの元に、妻だと名乗るベスが現れ、ポールと生活をはじめる。しかし、このベスには大きな秘密があったー。

 

その2

ガブリエルが長女ホアニータ。実は出産の際、取り違えられていたことが判明。当初はガブリエルにはナイショにしようと決めていたカルロスだったが、ホアニータが事故にあったことからその事実をガブリエルも知ることになり・・・。

 

この2つのStoryを軸に展開していく。

ポールが再登場。

新しい登場人物に、リネットの大学時代の友人でレネ。

ブリーの若い恋人キース。

そして、ポールの妻にベスが登場。

 

ブリー

オーソンから離婚を切り出され、同意いたブリーは傷心。想い出を一掃するために内装工事をする。その内装業者のキースと良い関係になる、かなり年下のカレとの恋愛は・・・

 

スーザン

マイクの収入がイマイチでお金に苦労することに。結果的に自宅を賃貸にし、小さなアパートで生活を始める。

そのスーザン宅を借りたのは、無実(フェリシア殺害の罪)で釈放されたポールだった。

また、シーズン中盤に暴動のせいで事故に遭い、人工透析 → 腎臓移植が必要な状態になる

 

ガブリエル

長女が病院で取り違えられたいたことが判明。実の娘との再会は・・・?

また、ガブリエルは10代の頃、継父にレイプされた過去があり、それを夫が支えていたが、彼女自身がそれを乗り越えるためには、過去と対峙する必要があると言うことで、故郷へ降り立つが、それがきっかけで死んだはずに継父が彼女を追いかける結果に。

 

リネット

彼女の古い友人として、レネが登場。

トムは、彼の人柄と誠実さが認められ、素晴らしい待遇で引き抜きされ、リッチになる。

しかし、それはリネットとトムとの間に亀裂を走らせることになっていく・・・

 

JUGEMテーマ:海外ドラマ

 

author: nagi
[海外ドラマ](デスパレートな妻たち) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)デスパレートな妻たち シーズン6(全23話)

DESPERATE HOUSEWIVES  Season 6 (全23話)
*デスパレートな妻たち*


dw6.jpg
(シーズン5のラスト)
マイクは、キャサリンにプロポーズし、結婚式を挙げるため空港にいる時に、イーディーの夫のデイブの企みを知り、息子のMJとスーザンを助けるため、ふたりの元へ。この事件がきっかけとなり、スーザンとマイクは寄りを戻し再婚することに。
捨てられた形のキャサリンは、精神を病み、おかしな妄想に囚われてスーザンやマイクを困らせることに・・・

キャサリンが精神のバランスを崩して、騒動を引き起こしたり、スーザンの娘のジュリーが何者かに後ろから首を絞められ命が危ない事件が起きる。このあとシーズン6を通して、女性が殺害される事件が続く。ラストには犯人判明→意外な人物でした。

ブリーは、オーソンと離婚するため弁護士のカール(スーザンの元ダンナ)に依頼するが、そのことがきっかけでふたりは恋愛関係に?どうやら身体が合うようで・・・
結果的にオーソンが離婚に応じたあと、中盤でふたりの人生を狂わせる大事件がウィステリア通りに起き、状況が変わる。

近所にまたワケあり家族が引越してくる。この夫婦は隠し事があり、ずっと逃げ回っている様子。
この家族の話もベースで進みました。

割と面白いシーズン6でした。

 
author: nagi
[海外ドラマ](デスパレートな妻たち) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)デスパレートな妻たち シーズン5(全24話)

DESPERRATE HOUSEWIVES  Season 5 (全24話)
*デスパレートな妻たち*



なかなか記憶に残るシーズンだったと思います。
と言うのも、シーズン5は、「4」から5年の月日が流れた設定。

<ガブリエル>
あの美しかったガブリエルは、すっかり貫禄のある2人の女の子のママになってました。
美しい髪はショートカットになり、スリムな身体はポチャに。
盲目の夫:カルロスを支える肝っ玉母ちゃん風になっているじゃありませんか!
経済的に苦しく、家財道具を売って暮らす日々。
しかし、24話の時の流れは早く(笑)
カルロスは手術の末、視力を取り戻し、また仕事を再開。それが成功し、リッチに戻れました。
シーズン後半、カルロスの親戚のティーンエイジャーを預かることに。
このアナがクセモノ。だけど若い頃のガブリエルのような気もします。

<ブリー>
料理本を出版し、ケータリングの事業が当たり、キャリアウーマンとして大活躍のブリー。娘:ダニエルの息子を、夫:オーソンとの子どもとして育てていたものの、ダニエルが結婚したのをきっかけに、娘の取り戻される結果に。ブリーはその淋しさを埋めるように仕事に没頭。息子のアンドリューもその事業をサポートしており一見幸せそうなのだけれど、オーソンとは最後までしっくり行かず、シーズンラストでは離婚を決意。財産と事業をオーソンに渡したくないため離婚へと画策をはじめている。

<キャサリン>
シーズン4で彼女の謎、暗い過去は終わりました。シーズン5では、ブリーのケータリングを手伝う共同経営者として活躍する一方、マイクと恋愛関係に。スーザンとその息子MJとの関係を巡って色々ありながらも、マイクに結婚しようと言われ幸せの絶頂で突き落とされることに・・・。

<スーザン>
シーズン冒頭。クルマの事故を起こし、相手の女性とその子どもを殺してしまう結果になったところからスタート。それは5年前の出来事だったようで、その事故への罪悪感からスーザンはマイクと関係が悪くなり、ふたりは離婚している。
しかしそこはさすがのスーザン。もう既に新しいカレがいて、カレとはライトな関係を保っている。
シーズン中、そのカレとも色々あり・・・ラストは・・・

<リネット>
ピザ屋はそれなりに順調の様子。しかし、子ども達はティーンエイジャー真っ只中。双子のひとりパーカーが人妻と恋愛し、問題を起こすことに。そしてそのことがきっかけで店の経営は傾き、結果閉店することに。
カルロスの会社で広報として働き出すが、なんと、トムは大学へ行くことに。そしてリネット、なんと双子を妊娠!

<イーディー>
シーズン4で一時期ウィステリアの住宅を出て行ったイーディーだったが、投資家の夫:デイヴと共に再び戻ってくることに。
幸せそうな結婚生活も、デイヴのことを何も知らないイーディー。デイヴも一見いい人だけれど、何かを企んでいそうな男だった。
実はシーズン5は、このデイヴを中心にしたサスペンスがメインのStoryです。

イーディーは後半、デイヴのことを調べ上げ、カレの企みを知り、カレから逃げようとした時に事故に遭い亡くなってしまう。

いつもの事ながら、シーズンラストには、デイヴを中心とした問題は解決され、また新しいシーズンに進むことに。


JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](デスパレートな妻たち) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)デスパレートな妻たち シーズン4(全17話)

DESPERRATE HOUSEWIVES  Season 4(全17話)
*デスパレートな妻たち*




スーザン:
すったもんだの末、マイクと結婚し妊娠と幸せまっしぐらに見えたが、マイクが薬物依存になっていることが判明。マイクのリハビリを支えるスーザンも出産する・・・

ガブリエル:
ビクターと結婚し市長夫人になった彼女だったが、元夫カルロスとは切っても切れない仲。そのうち、ビクターの自分への愛情も疑うようになり、私が愛して欲しい愛し方をしてくれるのはカルロスだけだとカレとの愛を貫こうとするが、それがビクターも含めた事件になり、ビクターは亡くなりカルロスは失明することに。

ブリー:
娘ダニエルの望まない妊娠、出産を隠すため、ブリーは自分が偽装妊娠する。隣家に引越してきたキャサリンとは犬猿の仲。しかし、お互い人に言えない秘密を抱えていることがわかり奇妙な絆が生まれ、ふたりでビジネスを立ち上げることに。
マイクをひき逃げした犯人がオーソンだとわかり、離婚の方向だったが、オーソンの献身的な愛情にブリーの心が揺れることに。

リネット:
ガンの治療を耐え抜き克服した彼女。しかし、養女のケイラはリネットに懐くどころか敵視するようになり、頭のいいケイラの企みで虐待で逮捕までされることに。子どもの悩みは尽きない。

そして、シーズン4では、ブリーの隣家にキャサリンが引越してくるが、この家族が大きな秘密を抱えていた。
シーズン通してキャサリンの話が続き、#17で事実が明かされる


JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](デスパレートな妻たち) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)デスパレートな妻たち シーズン3(全23話)

DESPERRATE HOUSEWIVES  Season 3 (全23話)
*デスパレートな妻たち*




ブリ―
夫が病死。その原因を作ったのが薬剤師のジョージ。ブリ―は手を下さずにジョージを葬ることに成功。
今回は、歯科医のオーソン・ホッジと出会い、結婚。新しい生活のお話。
実は夫のオーソンの過去は事件沙汰のダークなものだった。

ガブリエル
心の奥底ではまだカルロスが好きだけれど、プライドの高い彼女はカルロスを許すことができず結局、揉めに揉めて離婚に至る。
その後、市長候補のヴィクターと出会い、恋に落ちる。

リネット
夫が結婚前に付き合った女性との間に娘がいることが判明。その母娘に家をかき回される日々。
しかしある日、スーパーで発生した発砲事件に巻き込まれ、腕を打たれた上、トムの元カノが亡くなる。
結局、リネットはトムの娘を迎え入れることに。
一方、夫は会社を退社。ずっとやりたかったことをしたいと「ピザレストラン」を開店する。
最初は賛成できなかったリネットだったが、結局は会社をやめて手伝うことになる。

スーザン
マイクがひき逃げされ昏睡状態のまま覚醒しない日々。必死に看護するスーザンだったが、病院で同じ境遇のイアンと出会い、結局恋愛関係に陥る。その後、奇跡的にマイクが目を覚ますが、2年ほどの記憶がなくスーザンのことを全く覚えていないことをいいことに、イーディがマイクを横取りすることに。
スーザンはイアンの気持ちに応えるため、マイクを諦める。
その後、少しずつマイクは記憶を取り戻し、スーザンを愛していたことを思い出す。しかし、時は遅し。スーザンはイアンと結婚を決意していた・・・

主なストーリーです。
これ以外に、新しい住人が引っ越ししてきたり、ジュリーが恋をしたり、ブリ―の息子アンドリューは戻ってきたり・・・
ザックのお話も途中ありました。


JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](デスパレートな妻たち) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)デスパレートな妻たち シーズン2(全24話)

DESPERRATE HOUSEWIVES  Season 2(全24話)
*デスパレートな妻たち*



<あらすじ>
メアリー・アリスの自殺の真相は明かされた(S1の終りで)が、ウィステリア通りの住人の悩みは尽きない。
優柔不断な恋愛ばかりで波乱ばかりおこすスーザン。
夫が主夫をすると言い出したことで、仕事復帰したリネット。
夫殺しの容疑をかけられたブリー。
逮捕された夫の釈放を求めて妊娠中のガブリエルは奮闘するが、ワガママは健在。
イーディは、スーザンの元夫カールと付き合い同居することに・・・。
そこへ怪しい母息子が引越てくる。彼女たちは、どこか寄せ付けない雰囲気を漂わせ、怪しげ・・・
どうやら地下室に男を監禁しているようす・・・

<感想>
感想を短く。シーズン2では、ブリーの運命の転落ぶりがすごかったです。
結局、夫も亡くし、友だちで恋人になれそうだったジョージが夫のクスリをすり替えていたことがわかり、ブリーを引き留めるための自殺未遂を助けるふりをして、手を下さずに殺害。子ども達ふたりは母親の完璧主義についていけず犯行ばかり。最終的には、子ども達は家出する始末。最悪の人生でも淑女らしい態度を崩さない芯の強さは人一倍です。
リネットは頭が良くて、機転が利きます。仕事と家庭と必死で両立しようと努力しているのに、シーズンラストで夫の浮気現場を見ることに・・・
私がとにかく見てていらつくスーザンは、自分良ければの男好きにしか見えません。私、ムリです。
ガブリエルも、どうもムリ。ほんとうに美しいけれどね。


JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](デスパレートな妻たち) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)デスパレートな妻たち シーズン1(全23話)

DESPERRATE HOUSEWIVES  Season 1 (全23話)
*デスパレートな妻たち*



<メイン キャスト>
ブリー・バン・デ・カンプ役 マーシャ・クロス
リネット・スカーボ役 フェリシティ・ハフマン
スーザン・メイヤー役 テリー・ハッチャー
ガブリエル・ソリス エヴァ・ロンゴリア

<あらすじ>
ウィステリア通りで暮らす主婦、メアリー・アリス・ヤングが突然ピストル自殺したところから物語はスタート。
メアリーを偲ぶためヤング家に集まるご近所さんたち。その中には、メアリーと仲の良かった、ミセス・パーフェクトなカリスマ主婦:ブリー、元キャリア・ウーマンで4児の子育て中ママ:リネット、お金持ちと結婚し贅沢を満喫している元モデルのガブリエル、そして、バツイチの童話作家:スーザンの4人もいた。彼女たちは、メアリーと親しかったにも関わらず、彼女の自殺理由に思い当たるものがなく、心を痛めていた時、メアリーの遺品の中から、メアリー・アリスを脅迫した内容の手紙が見つかる。
詮索好きの主婦、スーザンは、メアリーの自殺を探り始めるが、実は彼女たち、それぞれの問題を抱えたいた。
カリスマ主婦ブリーは、その完璧さがしんどいんだと突然言われ、夫とセラピーに通う日々。子どもたちも、順調に育てていたはずなのに問題が勃発。リネットは、4人の子育てに追われまくり、ガブリエルは庭師のバイトの16歳と不倫中。スーザンは、近所に引越してきたマイク・デルフィーノを好きになってしまい恋愛モード突入。
それぞれの問題を抱えながら、メアリー・アリスの自殺の真相に迫るドラマ。

<感想>
2004~2012年にかけてアメリカで放送されていた人気テレビドラマ。
有名なドラマなので知ってはいたけれど、「セックス&ザ・シティ」同様、このような方向性のドラマは苦手意識があって、見ることがなかったが、今回英会話スクールの友だちに紹介されて観ることに。
見始めたら割と面白いです。

正直メイン4人のキャストは、どの人物も好きになるどころか、イライラを感じることも多いし、アメリカで生活したら、こんな人間関係なのか?と思うと私は彼女たちの住む ”ウィステリア通り”町には絶対に住めないなと思うような話ではあるけれど、彼女たちが<本音>なのが観るものを惹きつけるのかも知れません。
彼女たち、自分の感情の素直に行動するのです。

メアリー・アリスの自殺にまつわる過去はシーズン最後に一応の真実がわかりますので、23話観るだけでも、その部分は納得できます。


JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](デスパレートな妻たち) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3