スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

患者が病院と医者を選ぶ時代



母親の手術で、本人はおろか家族に詳しい病状と手術、術後の説明もないまま手術を受けた。(カテゴリー「医療を考える」参照)
結局、術後の症状に納得がいかず、医者に説明を求めたが、理解するにはほど遠い内容と態度に憤慨した。
病院を変えることも考えたが、(自宅の近所の病院がいい)と言う母の意見で、
同病院で医師を変えてもらったものの、その医師の態度も同じ。
(もうこの病院ではムリだ)と見切りをつけ、でネットで病院を探し、予約して受診したのが3月末。
4月中旬に細かな検査入院を経て、結果が11日に出た。
今回は、説明もわかりやすかったし、母親自身も本を読むなどして勉強もしていたので
納得のいく検査、説明、これからの治療方針を聞けて、とりあえず落ち着いた。
もちろん、今は症状は軽くはないっていないけど、患者も家族も<納得できている>から前向きになれる。
コレって大切。
インフォームドコンセントと言う言葉が日本で浸透して少し経ったが、
医者と患者、家族が病気について理解し、納得し治療を受けることがどれほど大切であるかを母親のことで思い知った。
「家の近所の大きな病院なら安心」と言う時代は終わったように思う。
専門知識のある医者を探し、自分にとってベストな治療をしてもらう時代がきたんだろう。
医療も、医者も患者が自分で選ぶ時代が来たのだと思う。



 
author: nagi
[医療・健康](医療に思うこと) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

母の病気、その後

本当は言いたいことがいっぱいあった。
嘘くさい説明にも、見え見えの言い訳にも正直、反吐が出そうだった。
決裂して病院を変えるつもりなら全て言い放ちたかったけど
母親はそれを希望していない以上、今日の説明を妥協点とするしかない。

その病院、副院長を兼任している○○科長のその医師の口から
最後まで謝罪の言葉はでなかった。

それがこの病院の姿勢なのだろう。

author: nagi
[医療・健康](医療に思うこと) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

母の病気。その後

 9/27のblogの続き。

結局、主治医を代えてもらった。
受診している科の長の医師、しかも病院副院長。
しかし、その医師もまた、母が診察室に入るなりドクターハラスメントした。
高圧的な態度。
誠意など、ひとかけらもない病院と戦う術を失って私は忘失した。

私は自分の仕事に誇りを持っている。
たとえパートでも、私が担当する仕事には誠意を持って働いている。

けれど、母の通院するその病院は誇りさえも感じられない。
あるのは偉そうな態度だけ。

誰に言えば、非を認めてもらえるのか
誰なら責任を取ってくれるのか?
どうすれば、最低限の診療をしてもらえるのか?

結局ガマンしなきゃならないのか?

相談室長と先ほど電話をした。
「私にこれほどにボロクソに自分の病院、医者、看護師のことを言われて悔しくないんですか?」
そう問うた私に彼女は
「悔しいです。私も今までプライドを持って仕事をしてきましたからこんな風に言われ、そんな現状なんだと知って情けない限りです」と。

外見は大病院でネームバリューも完璧。
恩給もつくぜの公務員。

医療って何なんでしょうか?
頭が良くなければ医者はできないけれど、勉強ばかりで心が育っていない医者なら
医大、国家試験に意味があるんだろうか?と思う。
看護師も同じ。
どの仕事も、生きるために生活するために働いているのだけれど、
仕事に心がなければいい世界は作れない。

事故米問題、産地偽装問題全て、利益ばかりを重視するから起こる事件。
自分の仕事に誠意が欲しい。
そうでなければこんな問題は後を絶たない気がする。
author: nagi
[医療・健康](医療に思うこと) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

母の手術、その後・・・

 夏の終わりに母が手術をした。
あれから1ヶ月。
ツラかった症状の一部は解消され、体調は日々良くなっているようだが、
いまだに出血が続いていたり、手術前より症状が悪くなっている部分もあって微妙な状態。

今回の不運は、担当になった主治医がサイテーだった事。

「手術前の説明は本人が聴けばいいんであって、家族に説明する必要はない」と言う
彼の持論の前に両親はそれを受け入れるしか出来ず手術を受けたワケだが、
手術方式の説明、術後経過、起こりうる問題e.t.cについて説明を受けていないがために
いつまでも続く出血を心配し、解消されぬどころか悪化している症状に悩んでいる。

全ては説明義務違反。

腕は確かだとか、冗談に聞こえない冗談らしいとか、説明が苦手だから誤解を受けやすいんだとか
主治医T氏をかばう話は聞いたけど、昨日対面してみて人間的に信頼関係を持てない人物だと思った。
家族で話し合い、悩み、いまだに結論は出ていないけど、とにかく主治医を変えてもらう方向で決まった。

土曜は病院が休みなので月曜日に病院の相談室に電話をする予定。
2時間弱かかる実家に何度も足を運ぶことは正直しんどい。
けれど、これも親孝行。また、医療人として許していい事とも思えない。

人と対峙することは気が重い。
でも、このままにするのはもっとイケナイだろう。
両親を想い、ここは自分を奮い立たせてコトの解決を計ろうと思う。

年齢を重ねた悩みだなと実感・・・オトナな悩みだ
author: nagi
[医療・健康](医療に思うこと) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3