スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

Adele 「25」♪

グラミー賞歌手:Adeleが5年ぶりに世界同時リリースした「25」。
最近の私のヘヴィローテーションonpu03

Adeleの歌声は私の心の奥の何かと共鳴する感じ。
「21」も聴き倒しましたが、「25」は聞けば聞くほど深く浸透してきます。

歌詞的には、過去の恋を歌ってるものが多いかな?と思います。
恋人への後悔であったり、謝りであったり・・・
25歳なのに何度も(若かったあの頃)なんて歌ってますが、アデルちゃん、若いがな~とツッコミたくなります(笑)

1曲目の「Hello」
別れた恋人への気持ちを歌い上げたエモーショナルな曲です。
このアルバムの中で2番目に好き。


「When We Were Young」
1番心を囚われた曲です。歌詞と言うより曲調に。

若かったあの頃・・と歌い上げるワケですが、彼女25歳・・・思えないほど奥深いDocomo_kao8

「All I Ask」胸がきゅんとなる曲です。
恋人と終わっていく最後のときを歌い上げる楽曲です。
アデルが歌うだけで涙腺が緩んでしまいますDocomo_kao19

サビが切なさMAX

If this is my last night with you
もしこれがあなたとの最後の夜なら
Hold me like I'm more than just a friend
私を抱きしめて友だち以上のように
Give me a memory I can use
私が大切にできる思い出を与えて

大好きなアルバムです。

JUGEMテーマ:イギリス
author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015 おいしい葡萄の旅

17日(Sunday)会ってきました、サザンLIVEきらきら


「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015 おいしい葡萄の旅」

2年前の夏(復活ライブ)以来。
ん~、良かったですニコッ サザンのライブは、ほんとうに元気をもらえるといつも思います。
今まで幾人かのライブに行きましたが、サザンは音も素晴らしいし、桑田さんの歌声はCDで聞くあのまま♪です。
Rockティストの曲も、バラードも、どれもこれも好き。
過去の曲もアレンジを変えたりないから、気持ち良く歌え酔えます。
カラオケBOXではありませんから、大声では歌いませんが・・・・やっぱり歌ってしまいますニコッ

中学校の頃にはすでにサザンはメジャーバンドでしたが、あれからン十年。
私の人生の中にずっとサザンはあります。
どの曲が流れても、(あの頃)がサザンの曲とリンクします。
そのノスタルジック感が、サザンが越えてきたものと重なり合うようで・・・だからたまりません。


LIVE会場の周りもいつものようにいろんな小細工があります。
京セラドームにたなびく「おいしい葡萄の旅」の旗たち
ステージもやっぱりお金をかけているなと思うものでした(写真NGだったのでなしです)
でも、こんなアイテムの貸し出しがあって・・・・

LIVEの中盤以降は、これがコンピューター操作でいろんな色に光り、京セラドーム全体が、宇宙空間のようになったり、真っ赤に染まったり・・・・楽しかったなぁ~。
今回も「アロエ」でダンスもありました。
みんなが踊らなくても、私は踊りきりましたよ!
サザンの毎回のいろんなツールを楽しむのが大好きです。
ノッかって、最高!ってヤツ手

そして毎回思うけれど、桑田さんは、3時間越えるLIVEをほぼ休憩なしに歌いきります。
すごいです、マジ。
原坊が歌う時だって、指揮者のフリして参戦してるし。
パワーあります。

彼らも還暦世代となって、社会派の歌も多くなってきました。
大ファンのBちゃんから言わせると、諸事情で今回はMCが非常に少なく、それは少し淋しい部分ではありましたが、その分カレは歌声を聞かせてくれたと思います。

世代の歌も増えてきました。
恋の歌、ひとつ見ても20代にはわかりっこない内容です。
また、そこがいいんですよね、これからサザンと一緒に歩いてゆくんだ・・・そんな気持ちにさせてくれます。

これはTwitterなどに投稿していいよって桑田さんが言ってた。
同じ17日に京セラドームで、サザンと共有したしるし


(Clickで大きくなる)

楽しかったなぁハート
扁桃腺炎の中、誰になんと言われようとも、行って良かったぜっ手

Bちゃん、ありがとう。また抽選が当たったら・・・、メンバーに入れて下さいね

※ LIVE終了後、矢吹ジョーの最期のように会場の椅子に座り、燃え尽きているBちゃんが忘れられないよヤッタv
  また、次があるよ!
  人生はこれから!

JUGEMテーマ:SOUTHERN ALL STARS
author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
 
 

「葡萄」ゲット♪


5月のライブに向けて聞き込みますぴのこ:)
「葡萄」は、オトナを感じるアルバムです。
平和を願い、守っていこうとするメッセージ性を感じる「ピースとハイライト」や「平和の鐘が鳴る」。
深くて甘い、甘えたい男性の愛情を謳う「はっぴいえんど」や「道」。
どの曲も良くて、すでにずっとヘヴィロテ状態。

桑田さんの歌う歌詞が深く理解できる年齢になったんだなぁ〜Docomo_kao8

JUGEMテーマ:SOUTHERN ALL STARS
author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

米津玄師 "Flowerwall"が好き♪


最近のお気に入りは、米津玄師(ヨネズ ケンシ)くんの「Flowerwall」。
この曲は、小栗旬くんがパパ役で出演のCM”ニコン D5500”のCMソングです。
以前は、時々(おぉ!)と感じる曲に出会っていたけれど、最近はほとんどなくて・・・
久々に(あぁ、好き)って感覚を味わいました。

哀しいけどこの感覚を共有してくれるのは、長男だけです。
長男とは音楽の趣味が似ている。
私の愛するGrapevineをすごいバンドだ。好きだと言ってCDまで買ってくれるのは長男だけ(笑)
今回も、米津くんのことをぷぃとは共有できず、結局長男にLineで連絡・・・
長男:「米津玄師はええわ−。小林太郎の時と同じくらい聴いた時におっ!と思ったわ」と。
ちゅんハート♪
ここまでわかってくれるのは長男だけ〜。
いつまでも長男、長男って言ってちゃイケナイと思うけれど、音楽のことだけはカレしかわかってもらえない現実・・。
しばらくは米津くんをヘヴィロテです。
 
author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

「勝手にしやがれ」by B'zが良い♪

いまさら〜汗って話ですが
B'zがカバーしている「勝手にしやがれ」が最高に良いです
ドラマの挿入歌だったそうですね汗ドラマをほとんど見ないので知らなかったんです
たまたま昨日、クルマの運転中にラジオから流れてきて、あまりの良さに感動してしまいましたハート
元々曲が良いのだから当然ですが、アレンジもいいし、稲葉さんの歌声に楽曲がとても合ってるやったv
テンションがあがります
B'zの「『LOVE PHANTOM』は私のテンションをあげるときの1曲ですが、
「勝手にしやがれ」も加わりましたDocomo_kao1



 
author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
 
 

P!NKがヘヴィロテ

ここ最近のヘヴィロテは、P!NKのアルバム「Truth About Love」



「So What」やアルバム曲「Blow me」などアップテンポで元気になる曲が多いイメージだけど、FUNのボーカルNate Ruessとのfeat.曲「Just give me a reason」はメロディーが好きでよく聞いてます。



最近、しっくりこない恋人との関係に(どうしてこうなっちゃったの?その理由を教えて)と深刻に迫る女性心をPINKが歌い、それに答える形でネイトが、理由を欲しがるカノジョに、悪く考えて悪化させてるのはキミの方じゃないのか?と歌いあげる感じかな。
よくある恋人同士のすれ違い関係を歌った歌で、終わりじゃなく今からまた始めない?と言う感じで終わってます。
結構好きで、ここのところ何度も聞いてしまってますぅ〜


author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

日本の恋と、ユーミンと。

 
中高生の頃、ユーミンが大好きでした。
ちょうど、レンタルレコード店ができた時で、学校帰りに寄り、カセットテープに録音し、通学の時、勉強のとき・・・いつも音楽を聞いていましたね。
その頃、好きだったのは佐野元春、HOUND DOG、Billy Joel、JOURNEY、・・・のちに尾崎豊。
ユーミンは歌詞に惹かれていたように思います。
最近では、ユーミンを聞くようなモードになくて、全く聞かなくなっていたけど、このアルバムが発売され、職場の友だちがCDを焼いてプレゼントしてくれました
実は、やっぱりユーミンを聞きたいと思えなくて、をずっと放置してたんです
そんな時、良く見る関西ローカルの深夜番組「ビーバップ・ハイヒール」で音楽評論家、富澤一誠先生が、<名曲に秘められたもうひとつの物語>と言うことで、お話されていました。
その1曲目にユーミンの代表曲のひとつ「卒業写真」に込められたエピソードを紹介されたんです。
「卒業写真」の歌詞を覚えていますか?

悲しいことがあると 開く皮の表紙 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる

何となく、恋愛の歌のように思っていたけれど、ちがうんだそうです。
ユーミンの自叙伝「ルージュの伝言」に、この曲への思いが綴られているそうで、美術系の大学進学を目指していたユーミンが通っていた絵画教室の若い女性講師に対する気持ちを綴った曲だそうです。
その講師は、厳しくユーミンを指導していたので、ユーミンは講師に反発、衝突することも多かったそうですが、ユーミンを美術大学へ進学させようとする気持ちが伝わり、徐々に講師に対する気持ちが変化したユーミン。残念ながら第一希望の美大は不合格で、ちがう美大へ進学することに。
大学進学後、ユーミンは音楽と出会い、絵の世界から離れていくことになります。

町で見かけたとき 何も言えなかった 卒業写真の面影が そのままだったから

自分を思って指導してくれた講師。なのに、自分は絵の世界から音楽の世界へ変わってしまった。
ユーミンはバツが悪くて、講師に声をかけるどころか、顔を隠してしまったそうです。

人ごみに流されて 変わってゆく私を あなたは 時々 遠くで叱って

凜としてまっすぐな講師。ユーミンとも真摯に向き合ってくれた彼女に対する気持ちがこの歌詞なんだそうです。
ユーミンにとって少し痛い過去のエピソードだったと知って、改めて「卒業写真」を聞くと、今まで聞いて感じていたのとちがう感情が湧きました。やっぱり歌ってすごいですね。

2番の歌詞に

話かけるように ゆれる柳の下を 通った道さえ今はもう 電車から見るだけ

とありますが、私の通った高校も電車から見えます。
ほとんど見る機会もありませんが、数年前に電車から見たとき、「卒業写真」の歌がアタマの中を流れました。

そんなワケで、改めてユーミンと出会ったような気がして、朝からCDを聞いています。
残念ながら「卒業写真」は入っていないけど。

「海を見ていた午後」
あのとき目の前で 思い切り泣けたら
今頃二人 ここで海を見ていたはず

「コンパートメント」
あのひとの途切れた声の ゆくえ探すように
すれ違う同じコロンに ふりむいてしまうくせ

あ・・・ひさびさに切ない




 

author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
 
 

GRAPEVINE 15th

 













2009年9月19日リリースの「Best of GRAPEVINE」2枚組アルバム
ゲットですぅ
地味〜にコアなファン?に支えられバインも15th
そして15年目にして初のベスト盤が発売に
Disc1の曲の並び・・・・もぉ〜たまらん

初回限定盤にはブックレット+OUTCAST2.0(プレイボタン)付
プレイボタンとは、新型プレイヤー。缶バッチ型のMP3プレイヤーなんですよぉ
本体(缶バッチ型)にヘッドフォンを差し込むだけで音楽が再生されますぅ
その中にはアルバム未収録のシングルカップリング12曲がギュッっと詰まってます
世の中すごい時代だぁ
ここ数日はバインがヘヴィロテ中
やっぱりGRAPEVINE最高です
author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
 
 

マイクロコンポを買ったら・・・

先日マイクロコンポを買った話はしたけど、部屋にいい音が流れるのってとても心地よいコトなんだって改めて思ったんデス
先住のコンポが壊れ気味で、FMは聞けるし正規CDは聞けるけど(時々聞けないが)CD-ROMは聞けないと言う中途半端な状態なモンだから新しいコンポを買うのもなぁ@って躊躇しちゃって、結果、安っぽい音のスピーカーで音楽を聴いたり、ヘッドフォンと言えないようなイヤーフォンで聞いたりしてきたここ数年。
ぶっちゃけ衝動買いではあったけど、先日コンポを買ったのは大正解で、その日からTVよりも音楽を聴いて過ごす日々〜
ずっと放置だったそこそこの量のCDも久々に主役になってます
今、部屋に流れてるのはホイットニー・ヒューストンの「All at once」
そう言えば亡くなったんだよね、彼女。この美声をもう聞けないんだって思ったらさみしいな。18歳の夏休みはWALKMAN(カセットの)で「そよ風の贈り物」ってアルバムをヘヴィロテで聞いてた。その頃好きだったあのひと・・・元気かな?(爆)なんて。
良い音って言うのは心を安らかにさせますね〜。


author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

すっかり東方神起がすきになってしまいました





最近、東方神起が好きになりました 
韓流は興味なしって言っていた私ですが、なんやら内輪モメ?事務所モメの結果、5人だったメンバーがチャンミン&ユンホのふたりになって再活動をし始めた時から急に好きになりました。
ぷぃの影響もあるんですけどネ。楽曲もカッコいいし、何よりもダンスパフォーマンスがハンパなくカッコイイんです
ふたりでいつもPVを見ては「ダンスキレてるしぃ〜」って盛り上がります。ストリート・ダンスを習ってたことのあるぷぃはチラッとPVを見ただけでそれなりのものを踊って見せてくれるので羨ましいやら腹立つやら・・です
ふたりになってからの東方神起は4曲シングルとしてリリースしています。
最初に「Why? 」をリリースしたんですけどこのPVは骨太でかなりのクオリティー。ホンマ最高にクールです。次が「I Don’t Know」→「Superstar」と続き、最新リリースは「 B.U.T (BE-AU-TY)」。この曲のダンスはすばらしいです。SO COOL !
この私が、この私がCD+DVDを買ってしまう勢いですってぇ〜

author: nagi
J-pop,Music | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3