スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

(海外ドラマ)ダメージ season5(全10話)

「Damages 后廖* ダメージ シーズン5 ファイナル*


<STORY>
チャニング・マクラーレンは、内部告発者が告発するウェブサイトを運営している天才的ハッカー。ある日、カレのウェブサイトからトレーダーのナオミ・ウォーリングが、自身が働くプリンスフィールド投資銀行の内部告発を決心。匿名の告発のはずが、現実は彼女の名前だけでなく、ウォール街の名高い男たちとの不倫関係がわかってしまう私的メールまで公開されてしまう。
そんな状況下で、何者かが、ナオミの自宅に侵入、彼女を自殺に見せかけて殺害する。
ナオミの娘は、匿名性が守られなかっただけでなく、そのことで母が自殺したことへの罪を問い、パティを弁護士にマクラーレンに裁判を起こす。
マクラーレンの弁護をするのは、個人事務所を立ち上げたばかりのエレン。
ここからパティとエレンの執念の法廷闘争がはじまる。

<感想>
ドラマはいつものパターン。ラストを見せたあと、時間を遡って、何があったかを見せるヤツです。
今回、古いビルの上から落下し、死んだ?と思われるエレンの映像が!
エレン、パティの画策によって、とうとう死んでしまったのか?ふたりの間に何があったんだ?と言う気持ちにさせられドラマを視聴。

今回は弁護士同士として戦いを挑むエレン。
エレンもドンドン凄みが増してきましたが、やはりパティはどんなことでもやりますからね、一筋縄どころか、何本縄があってもパティをコントロールするのは容易じゃありません。

ファイナルシーズンなので、シーズン1から引きずり続けている問題を解決してもらわないと後味が悪い。と言うことで、エレンは、パティが指示し自分を殺害しようとしたことは償ってもらうと宣言します。が、またまたパティ、「あの時に認めたのは、エレンが私に銃を突きつけていたからだ(S2のラスト)」と脅迫した故のウソだったと言います。
エレンはこの発言で許せなくなり、自分を殺害しようとした男を捜し出し、その犯人をマイケル(パティの息子)の子どもの親権裁判の証人として出廷させようとします。
ここからラスト2話。思いもかけない結末。最初に見せられた映像(エレンがビルの合間の道路で倒れている)が私の想像してたのと違うことがわかります。

まぁ終わって見れば、ほほぉ~と言うドラマでした。
1番面白かったのはシーズン1かな?
でも、アメリカの法廷ドラマを見れば見るほど思うこと。真実が勝つとは限らない。
本当に弁護士手腕にかかってるんだなと思います。
それで良いとは私はとても思えないのだけど、これが現実なのかも知れませんね。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ダメージ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ダメージ season4(全10話)

「Damages 検 *ダメージ season4 全10話*










<STORY>
エレン・パーソンズはアフガニスタンで軍事請負会社の不正を暴く為、パティ・ヒューズと再び手を組む。2人は謎多きCIAエージェントや、証言を阻むため拘束された重要参考人、そして強大な権力を持つCEOが関与し、隠ぺいされようとしている事件を解明していく。しかしストーリーは思わぬ方向へ進んでいく。

<感想>
シーズン3が終わってから4年半も続編がなかったので、終わったのかと思っていたら、「Hulu」で見つけました。
これはコンプリートでしょ~と言うことで鑑賞。

パティさん、トムを失い彼女の二の腕はいないまま。一方エレンはナイ弁護士の事務所に就職中。
エレンさん、相変わらず男の人が切れることがありません(^^;)、今回はナイ弁護士事務所のパートナーであるショーンと恋人関係のようです。
シーズン4のメインは、ハイスター警備会社のCEO:ハワード・エリクソンの事案。
エリクソンはCIAと契約を結び、アフガニスタンなどの戦闘地域の警備も請け負っている会社であり、潤っている様子。
エレンは、ハイスターで働いていた高校の同級生:クリス・サンチェスに会い、クリスが請け負った任務によってクリスの部隊に3人も死者が出て、それをきっかけにPTSDになっているクリスに、部隊の仲間のためにも、ハイスターに責任を取らせようと裁判を持ちかけ、クリスに証言を頼むが、ハイスターはクリスに証言されたくないため、理由をつけてクリスをまたアフガニスタンの地に送り込む・・・・と言う展開。
いつも通り、3ヶ月後の情景が映し出され、それに向かって過去の話が進みます。
キーパーソンとして、ジェリー・ボアマン、アフガニスタンの少年が登場。

エレンは、どんどん性悪女に変化中。ナイ事務所から、ハイスターの案件を扱うことを却下されたら、さっさと退社し、パティに援助を頼みます。その頼み方が正攻法ではなく、パティからエレンを援助すると言わせるようにもっていく。まさに策士。
カレシであるショーンのこともそれほど好きでなないのに、たぶん自分の立場を優位にしたいための恋愛に見えます。
で、結局クリスが好きなワケです。
ん~、このエレンの性悪な感じが大好きですね、私。性格の良い、出来た女性じゃないところがいいんです。

並行して、パティの息子:マイケルがこのシーズンも登場。
「3」でパティのクルマ側面の衝突してきた交通事故。相手のドライバーは消えいた、誰が衝突させたのか?と言うのがありましたが、そのドライバーは、パティの息子:マイケルでした。(パティは実は犯人を見ていたワケです)
そのままマイケルは行方不明だったワケですが、娘の親権を求めてパティ相手に裁判を起こしてきます。
その話も解決しないまま「4」が終わったので、この展開も気になるところです。

ラストの展開は、想像していたものと違った分、(おぉ)って衝撃があって良かったです。
10話でコンパクトにまとまっているシーズンでした。
いよいよ、次のシーズン5がファイナルです。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ダメージ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ダメージ season3(全13話)

「Damages 掘 *ダメージ season3*


<STORY>
パティはウォール街史上最大のネズミ講詐欺事件の管財人に任命される。首謀者ルイス・トビンの財産を徹底的に調べあげ、数千人もの被害者たちのために金を取り戻すつもりだ。ルイスには家族同然の有能な弁護士レナードがついており、息子ジョーら家族は犯罪に無関係だと主張する。一方、パティの事務所を去ったエレンは検事局で働いていた。
半年後、パティが運転する車に別の車が激突。だが、その車の運転席は空だった・・・。

<感想> 
シーズン1,2同様の結末を見せてからのフラッシュバック式サスペンスです。
今回シーズンは、パティが関わる事件も、誰が悪で、何を裁くべきなのかが明確で理解しやすかったですね。
エレンのパティへの恨みも多少は解決したようですし(笑)エレンはパティとの程よい距離がわかったようで、それを保ちながらも利用するところは利用すると言う策士ぶりは健在です。

シーズン2で、エレンが騙される形で始まったウェスとの恋愛は、シーズン3スタート時点で終わってます。ん~、ちょっとコレは残念だったかな。ウェスは、エレンを監視する任務として彼女に近づきながら、ウェスもエレンに惹かれたワケで、そこがちょこっとスリリングで良かっただけに。
しかし、ほんとうにラストにウェスが登場!シーズン1から完全解決が見れてなかったフロビシャーが依頼した闇組織がディビットを殺害した事件が解決しました。これは見てる私がスッーとしました。
トムのラストはちょっと可哀想だったなぁ。パティは、夫を失い、息子も自分の仕掛けたコトで失うことに。天涯孤独です。その上、唯一信頼していたトムまで失って、これからどうなるのかな?

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ダメージ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ダメージ season2 全13話

「Damages 供 *ダメージ season2*



<STORY>
エレンはフィアンセが殺された傷が癒えぬままカウンセリングを受けながらパティの元で弁護士として仕事を再開していた。しかし、エレンの心の中は、フィアンセの殺害はフロビシャーが関与し、自分が襲われたのはパティの指示だったと思い復讐を狙っているのだった。そんなエレンにFBI捜査官から接触。パティを逮捕するための裏工作員として隠密行動することとなる。一方、パティの元には妻殺しの容疑をかけられた旧知のダニエルが現れる。パティはダニエルの弁護を引き受ける。
 

<感想>
今回も「1」同様、結末を見せてから、現在と過去を交錯させながら展開するフラッシュバック・サスペンスです。
シーズン1からの、モヤモヤとしていた謎や疑問の9割は、シーズン2で解消されます。
パティのパワーはよりバージョン・アップ。そして、そのパティを罠を仕掛けようとするエレンの策士ぶりは、パティに劣らずです。女ふたりの対決がおもしろかったですね。
パティって、奥目なのにかなりの眼力。その眼力で物事に潜む深い奥底を観察し次の行動を考えるような女性です。そりゃドラマですけど、グレン・クローズが演じることでリアリティを感じるのかも知れません。いつもクールな彼女が2度ほど発狂して怒り狂うシーンがありましたが、パティがひとりの人間・女性に見えるのはその瞬間ぐらいなもんです。
今回のラストは事件は解決、「1」からの事件も解決して終わります。これでエレンがパティに近づかなければこのドラマは終了のハズ。
だけど、パティはつぶやきます「かならず戻ってくるわ」と。
シーズン3の放送も米国では始まったそう。今度は因縁のパティとエレンが協力して大事件に関わるのかな?
 

評価:
コメント:シーズン1はたまらなくおもしろく、衝撃的。そしてラストは謎を残して終了。消化不良のままだったので「2」を待ってました。本作では「1」からの残された謎や疑問はほぼ解決するのでぜひ「1」のストレスが残っている人は「2」を見て欲しいです。

author: nagi
[海外ドラマ](ダメージ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)ダメージ season1 全13話

「Damages 機 *ダメージ season1*

CAST:グレン・クローズ、ローズ・バーン、テイト・ドノヴァン



<STORY>
ある朝、NYにある高級マンションから下着にコートだけを羽織り、全身血まみれになった新人弁護士のエレン・パーソンズが現れる。その後、彼女は 警察に保護されるが、自宅の浴室で婚約者デービッドが惨殺体となって発見される。 彼女がなぜ血まみれだったのか、なぜ婚約者が無惨な姿で殺されていたのか。
物語は半年前へと遡る。 ロースクールを卒業したばかりのエレンは大物弁護士パティ・ヒューズの事務所、ヒューズ法律事務所に採用される。パティは資産家であるアーサー・フロビシャーを相手に巨額な賠償金が絡んだ集団訴訟の真っ最中だった。新人ながらその集団訴訟に抜擢されたエレン。めきめきと弁護士としての頭角を現す一方で、彼女を取り巻く状況や、この訴訟に関わる全ての人の人生が音を立てながら狂い始める。

<感想>
映画DVDをレンタルすると、海外ドラマが1話だけ入っているってのがありますよね?その戦術にまんまと引っかかりまして、「ダメージ シーズン1」全13話観ました。コレ、めっちゃおもしろい
キーワードは「リーガル・サスペンス」「フラッシュバック仕立て」。
勝つために手段を選ばないカリスマ弁護士:パティ・ヒューズ。彼女の今回の案件は、元従業員の団体が原告である企業裁判。
相手は元大富豪で実業家のアーサー・フロビシャー。ある日、パティの弁護士事務所に若くて有能なエレンが採用されるところから展開して行きます。

このドラマの特徴は、第1話の冒頭で「結末」を見せてしまっていること。
いきなりエレンが下着姿にコートを羽織り、血だらけでNYの街を走っており、まもなく警察に保護されます。なぜエレンはこの状況に置かれたのか?そしてエレンのアパートの浴室にはフィアンセ:ディビッドの惨殺死体。エレンが殺害したのか?
いくつかの事象の疑問を解きほぐす過去のフラッシュバック方式でドラマは進みます。

ドラマと言うより1本の映画のような構成が魅力ですね。
ドラマを観ていても、巧妙に仕掛けられた罠に気づかず、パティに騙され、エレンに騙され、興味がどんどんそそられていきます。
そして、シーズン1(13話)を見終わっても、新しい謎や、解明されていない事象が残っている。
ん~、はやく続きが見たいぞ!と言う気持ちにさせます。
激しい法廷シーンや、殺人シーン、いわゆるグロい画像がないのに、緊迫した50分間を見せられ、アメリカの海外ドラマ、なかなかやります!
 
JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](ダメージ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3