スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

プライベート・プラクティス 6 フィナーレ(全13話)

WOWOWで放送中だった「プライベート・プラクティス(以下PP)」がシーズン6を最後に終わりました。

そもそも「グレイズ・アナトミー」のスピンオフとして始まった「PP」は、思うに、多分にキャスト降板問題で人間関係が変わり(この展開?)って強引さを感じるところもありましたが、生殖・妊娠・出産・子育てを軸に、薬物問題などもからめる毎回のエピソードはシーズンが進むにつれ深まり、最後まで飽きない内容のあるオトナのドラマだったと思います。

何よりもこのシリーズで1番成長を感じた人物はシャーロットです。上昇志向が強く知的だけど利己主義の彼女が、クーパーと出会い結婚、このフィナーレシーズンでは三つ子のママになりました。
ラストシーンで、彼女の幸せそうな表情を見て、最初から見続けてきた私は友だちの幸せを見るような気持ちになりました。

今作フィナーレは、患者のエピソードは少なめ。それぞれのキャストに焦点をあてるエピソード設定で進みました。
前半の軸は、病院から当然いなくなる少女サラの事件をベースに、小児性愛者の恐ろしさを浮き彫りにしたと思います。
その小児性愛者が通うカウンセリングがシェルダンの診察室。小児性愛者の患者に寄り添い、カレを信じ、カレを助けようとするシェルダン。しかし、カウンセリングをするたびに、カレが犯人としか思えず、悩み、苦しみ、行動するエピソードは見応えがありました。また、前立腺がんが見つかり混乱していたカレが前向きに治療を受ける決意をし出会う脳腫瘍末期のミランダとの恋は苦しいけれどステキでした。

メインヒロインであるアディソンもジェイクと幸せになりましたし、アメリアも新しい恋を見つけ結婚するようです。サムはナオミと元サヤ。
少し可哀想なのはヴァイオレットでした。シーズン冒頭、ピートの降板によりカレが死亡するところからスタートしてしまったからです。けれども、彼女も新しい人生を歩き出した様子。
ステキなラストだったと思います。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](プライベート・プラクティス) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

プライベート・プラクティス 5 全22話

WOWOWで放送中だった「プライベート・プラクティス(以下、PP)」のシーズン5も、6/12で最終話で終わりました。

今シーズンは、過去のシーズンと違って、チャラチャラしていない深みのあるStoryが多かったです。
「グレイズ・アナトミー」のスピンオフとして始まった「PP」。
当初はオトナの恋愛・性事情を中心に恋愛とは?結婚とは?を描くちょっとエッチなドラマでしたが、すっかりスピンオフの域を超えたドラマになりました。

「S4」のおさらい。
医師免許をはく奪され、クリニックの運営さえも危ぶまれる状況にしてしまったヴァイオレット。いたたまれなくなったヴァイオレットはピートが止めるのも聞かずに出版した本のパーティーのためにNYへ行くことを決め空港へ向かったが、ヴァイオレットが出かけたあと、ピートは胸の痛みを感じ倒れてしまうところまで。

「5」はここからスタートでした。
まずは、ピートとヴァイオレット夫妻のはなしを中心にレビュー。
ピートは心筋梗塞で緊急手術し、一命をとりとめました。しかし、死に直面したことをきっかけに、ヴァイオレットとの関係について、どうしても納得できない部分が大きくなり、ぎくしゃくしだしたふたり。別居することになります。
別居中なのだからと、ピートはババーで若い女性をひっかけたり、遊んだり。それを知ったヴァイオレットは傷つきながらも、ヴァイオレットに想いを寄せる29歳の救命士と付き合います。結局、お互いまだやり直したい気持ちがあることを確認し、修復に向けてカウンセリングを受けたり、喧嘩したり、また仲直りしたりを繰り返し続けた「5」でした。
最終話は、互いの気持ちを確かめ合い、再び夫婦として歩み始めるところで終了・・・・。

「4」あたりから、いい関係のサムとアディソン。結婚したい、子どもを生みたいとアディソンは強く望みますが、その部分だけは折れることができないとサム。別れようかと悩みながらも愛し合っているため別れられません。結局、アディソンは、精子バンクを使い妊娠する道を選択。サムも一応応援すると言う形を取ります。しかし、不妊治療は苦しいばかりで上手くいかず、体外受精にも失敗し、アディソンは深く傷つきます。それを慰め、励ますのはやはりサム。アディソンを愛しているのです。
どうしても赤ちゃんを持つ夢を諦め切れないアディソンは、
アディソンは、自分で妊娠をする道を諦め、次は養子をもうらことや、代理母まで選択肢を増やしチャレンジし続けますが、ずっとダメ。そしてとうとうサムとも別れることに。
アディソンの不妊治療の主治医で、「5」からアディソンたちに診療所で働くことになったジェイクは、アディソンに惹かれながらも、友だちとして支えます。いつしかアディソンもジェイクを意識するように・・・。そんな時、アディソンが主治医となり出産させた女性が、子どもの養子先をアディソンに!と連絡し、思いもかけないことでママになれたアディソン。ヘンリーと名付けた息子を持つことに。
仕事で忙しいアディソンを不本意ながらも助けることになるサム。迷いながらも、次第にサムはヘンリーの父親になることを決意しはじめます。最終話、アディソンに求愛しますが、アディソンはジェイクとの関係を始めているのでした・・・・さて、この先は?「6」へ続く。

アディソンの不妊治療のStoryもヘヴィでしたが、これ以上にシビアでヘヴィなStoryが。

まずは、クーパーとシャーロット夫妻。突然、クーパーに息子がいることが判明します。子ども好きのクーパーは大喜び。フクザツなシャーロット。でも、シャーロットはたまに遊びに来る息子のメイソンに愛情を抱き始め、受け入れることに。良い関係ができはじめた矢先、メイソンの母:エリアが神経膠肉腫であり、肝臓・脳などに転移しており余命数ヶ月とわかります。エリカを助けようとするクーパーたち。しかし、エリカは亡くなってしまいます。残されたメイソンを引き取るふたり。母を亡くしたメイソンにどう接すれば良いのか迷いながらもクーパーとシャーロットは成長していきます。
すてきなエピソードでした。
子どもっぽい夫婦だったふたりがこのStoryでほんとうの夫婦になった気がします。

そして、アメリア。
不治の病だった親友の死に関わることで、精神の均衡を保てなくなったアメリアは、スタッフの心配をよそに、アルコール漬けの日々。そして、知り合ったライアンと恋愛関係になりますが、ふたりでドラッグに溺れまくる日々。そして、とうとうドラッグの過剰摂取で愛するライアンが死んでしまいます。
更正施設に入り、シーズン半ばで復帰してきたアメリア。今からやり直そうとした時、妊娠がわかります。ライアンとの赤ちゃん。生むか生まないか悩んだ末、母になる覚悟を決めたアメリアをアディソンたちは歓迎しますが、その赤ちゃんがドラッグの影響を受けた無脳児であることがわかります。
そこから自分の殻にこもってしまったアメリアを主治医としてジェイクは励まします。
最終話、アメリアは出産。そしてライアンとの赤ちゃんは、倫理問題もある中、臓器提供することに。
非常に深い内容でした

シーズン6は、2014年放送と告知されました。まだまだ先です。
「6」がシーズンラストになるようなことも聴きました。
アディソンがヘンリーとの生活の中で、誰をパートナーに選ぶのか?
そのあたりからはじまるんだろうなと思います。


author: nagi
[海外ドラマ](プライベート・プラクティス) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

プライベート・プラクティス4(全22話)

プライベート・プラクティス4 全 22話

「グレイズ・アナトミー」のスピンオフドラマとして始まったシリーズですが、「プライベート・プラクティス(以後PP)」はオトナのドラマとして深く重いテーマを扱っています。「4」はクリックのメンバーにもいくつもの試練がありました。

「3」のラスト。デルが事故でなくなる事件が。悲しみにくれるクリニックのメンバー。デルの葬儀のシーンから始まりました。 
その葬儀の席でピートとヴァイオレットが正式に結婚することを宣言。クーパーとシャーロットも婚約。アディソンもクリニックの中では終わっているように見せているが、サムと愛を育んでいる様子。
ナオミのカレであったウィリアムが亡くなり5Fのクリニックの運営を一任されたナオミは、「シーサイド・ウェルネス」との合併することに。アディソンは親友のナオミを失いたくないと隠してきたけれど、真実を言いたいとサムとの関係を打ち明けます。しかし、ナオミはどうしてもふたりを認められません。そして親友だったふたりの仲も微妙なものになっていきます。ナオミもウィリアムやファイフと恋愛しているのに、どうしても元夫と親友の恋愛は許せないようです。
#3 過去の夢では、マヤを事故に遭わせ、デルの命を奪った犯人:トロイがサムに謝罪をしに来ますが、サムは赦せません。そんな中、トロイに再度手術が必要であることがわかり、父親として、医師として苦悩するサム。ひとの過ちを赦せるのか・・これは非常にむずかしい問題です。
#4 私の居場所では デルの娘:ベッツイーが伯母に預けらえれていたが、面倒をみれないとクリニックに連れてこられます。クリニックのメンバーがデルのために面倒をみるべきだとわかりつつも、自分の生活・環境・状況を思うと軽々しくベッツイーの里親になると言い出せないまま。ヴァイオレットは引き取る意思を示すがピートが反対し、結局児童保護局へ行くことになってしまいます。
#7 シャーロットに何が起こったか このエピソードは重いテーマを扱ってました。医局室でシャーロットが何者かに襲われ、レイプまで受けてしまいます。いつも強いシャーロットですが、ボロボロ。アディソンには真実を話したものの、他のメンバーにはけして言うなと。婚約中のクーパーには絶対に話せないと。
重いテーマを正面から扱っていましたし、シャーロットも熱演でした。
#10 救いの手 ピートの母で刑務所に入所中の母親が危篤状態で病院に運ばれてきます。母親との関係に葛藤するピート。同時にアディソンの母親ビジーがレズビアンの恋人:スーザンの卵巣がんの治療をしてくれと依頼してきます。母親との関係にトラウマのあるアディソンは悩みますが、医師としてスーザンの難手術を手がけます。無事成功し、結婚式をあげたビジーとスーザン。しかしパーティーの最中にスーザンは倒れ、帰らぬ人に。そしてビジーまでスーザンの後追って自殺します。アディソンはスーザンの手術を成功させたことで、生まれて初めて母親に認められたと確信でき、これから母親と良い関係を作ろうとした矢先の出来事に深く傷つきます。
#11 不揃いの歩み レイプ後、セックスできなくなったシャーロット。彼女をどう守ってやれば良いのか悩むクーパー。いい関係だったふたりが不安定に。
一方、ヴァイオレットは自分の体験を本にしないかと持ちかけられ、出版することに。
# 13 おぼろげな光 シャーロットをレイプした犯人がカレの恋人に暴力をふるったことで、彼女に胸を刺され緊急搬送されてきます。クーパーは「そのまま死なせろ」と興奮し冷静さを欠きます。シャーロットも苦悩しますが、加害者を赦すこと・・・このことでこの事件を越えられる自分がいると犯人に宣言。このときのシャーロットはカッコ良かったです。そしてこれをきっかけに立ち直ったシャーロットはクーパーとの関係も元に戻り結婚します。
この後は、ヴァイオレットの本をきっかけに、医師の守秘義務違反を指摘、それがクリニック全体の医師としてもモラルまで追求されることとなり、ラスト話に繋がります。
サムに「子どもが欲しい、作る気がないのなら別れる」と宣言したアディソン。サムの同意が得られずサムと別れることに。ナオミはファイフの熱い求婚に迷いながらもカレに惹かれていきます。そんな中、ベッツイーが里親の子どもとの関係がうまくいかず返されることに。「私はどこへ行ったらいいの」というベッツイー。ナオミが引き取ることに。ナオミは1番包容力がありますね。そしてラスト。ヴァイオレットは医師免許停止を言い渡されたことを期に出版記念ツアーへ出たいと言い出します。これに反対のピート。しかしそれを振り切ってツアーへ出るヴァイオレット。その直後、自宅で倒れるピート・・・・ここで終わりでした。
「5」ではピートがどうなったのか。アルコール中毒の道へまた戻ってしまったアメリアの今後。そしてアディソンとサムの関係が再出発?どうなるのか・・・です。

次シーズンに続く・・・です
author: nagi
[海外ドラマ](プライベート・プラクティス) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

プライベート・プラクティス シーズン3 全23話

「プライベート・プラクティス Season3」全23話

3.jpg#1 消えない灯火 #2 閉ざされた扉 #3 過ちのあと
#4 心に消えない染み  #5 もうひとつの犠牲
#6 届けたい願い #7 一夜のアクシデント
#8 父親たちの罪 #9 真実の罠
#10 憎しみの炎  #11 冷めた愛
#12 知らなかった痛み  #13 ジレンマ
#14 恋の準備  #15 マイ・ウェディング
#16 ぬくもりのある場所  #17 葛藤するプライド
#18 揺らぐ意志  #19 愛しい存在
#20 傾く天秤  #21 渦巻く熱  #22 雪どけのころ
#23 美しき友情の終わりに

内、#3と#11は「グレイズ・アナトミー6」とのコラボレーションStory。

「3」は過去2シーズンより、深みのある内容でした。
子どもを持つと言うこと。子どもを育てると言うことを彼らのクリニックの患者たちを通して考えさせられました。
そして、シーズン最終話では事件が!

このblogではプライベート・プラィティスに出演しているキャスト中心にレポしておきます。
本シーズンは「2」の最終話からの続きではじまりました。
自分の患者であるケィティによって妊娠しているおなかを切られ、胎児を連れ去られたヴァイオレットの事件からです。
救急搬送されたヴァイオレットはアディソンの手術によって一命を取り留め、誘拐された胎児もケィティが小児科医クーパーの元に診察に来たときに無事取り戻しました。しかし、ヴァイオレットは心に深い傷を受けてしまい、息子のルーカスを愛せなくなってしまいます。トラウマを抱えるヴァイオレットを支え、ルーカスの世話をしてきたピートでしたが、変わらないヴァイオレットの態度に耐えきれず、ピートはルーカスを連れて自分の家へと帰ることに。その後、仕事を再開したヴァイオレットはトラウマを抱えたまま。
後半、自分を見つめ直す旅から帰宅する#20まで、ピートともルーカスとも距離をおき続けたヴァイオレット。
#20で戻って来た時にはピートとルーカスと共に3人で生きて行こうと決めたアディソンの存在が。アディソンにそんなことになってると思わなかったと言うヴァイオレット。アディソンは悩んだけれど、子どもの産めない自分にとってルーカスの存在は支えであると言います。しかし、ヴァイオレットは親権を求めて裁判を起こします(#21)


ヴァイオレットって自分勝手なところがあるんですよね〜。
アディソンは美人でスタイルも良く、世界的に有名な新生児外科医。何もかも手に入れているように見えて、両親からも愛も、友だちからの愛も、恋人からの愛にも恵まれているとは言えず、いつも孤独な感じです。
サムとつきあえるのが1番って思うけれど、ナオミも勝手なことに別れた夫の新しい恋人にはイチイチ文句をつけます。自分はどんどん恋愛してくるクセにね〜。
ナオミはアディソンとサムの関係は許せないようです。
ナオミはナオミで、娘のマヤが16歳で妊娠。結婚すると言い出してひどく動揺します。
私も娘を持つ母ですので、その動揺はわからなくもありませんが、その姿は自分勝手。
結婚式も無事終え、出産となりますがココで「3」最大の事件が起こります。
シーズンファイナルはデルとマヤが交通事故で搬送されたその後から。

デルに思いもかけぬことが起こり、ナオミも恋人:ウィリアムとの関係に変化が。
ピートとヴァイオレットは新しい一歩を踏み出すことに。
傷ついたアディソンとサムはついに一線を越えてしまいます。

このあたりでシーズン終了。

クーパーとシャーロットもなんだかんだありながら最終話では結婚の方向へ傾いたし、
今後の展開が楽しみです。




author: nagi
[海外ドラマ](プライベート・プラクティス) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

プライベート・プラクティス season2(全22話)

PRIVATE PRACTICE sason2 (全22話)
*プライベート・プラクティス2 迷えるオトナたち*

#1 生命(いのち)の絆
#2 ベストフレンド
#3 言葉のちから
#4 時を戻して
#5 本当に欲しいもの
#6 嘘と真実
#7 あなたを信じたい
#8 罪と罰
#9 引き際が肝心
#10 別世界の住人  #11 混乱の中の選択  #12 親子の距離
#13 踏み出す勇気  #14 セカンドチャンス #15 覚悟を決めて
#16 過去のかけら  #17 浮気の代償    #18 終わりなき誘惑
#19 オンナのホンネ #20 弱い心、強い心  #21 愛のカタチ
#22 幸せの行方

<感想>
wowowでの放送が終了しました。
シーズン2は、1よりもおもしろくなった印象です。「グレイズ・アナトミー」からのスピンオフドラマの枠を越えたオトナティストなドラマになっていました。
生命について、子供との関係について考えさせられるエピソードが多く、深いなぁ@と感じたことも。
アディソンは「1」からSWATとの男性との付き合いっていますが、どうも上手くかみ合わない状況。サムとナオミは離婚しても同じクリニックで共同経営を続ける中、そのバランスに苦しんでいる状況。精神科医のヴァイオレットは彼女自身も成長しきれていない子供の部分を「2」では見せ、恋愛に惑い、妊娠すると言うハプニングに一喜一憂する日々。
そして、夢のタッグ!#15では「グレイズ・アナトミー」とのクロスオーバーエピソードも入ってファンには楽しめるシーズンでした。
しかし!後半の4話ぐらいからアディソンはノアと言う外科医との不倫関係に悩みだし、結論はでないまま、ヴァイオレットも出産前の状況で自分の患者に襲われ危機的な状況。その上、ナオミがクリニックを去り、ライバルである4Fのクリニック代表のオファーを受け入れたと言う大どんでん返しの末、どれも結論がでないまま「THE END」
こう言うところ、さすがにアメリカのドラマです。
シーズン3は秋にスタートとのこと。
ヤキモキした心境のまま半年も待たないとイケナイなんて酷です。
author: nagi
[海外ドラマ](プライベート・プラクティス) | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
 
 

プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち

Private practice 迷えるオトナたち season1 WOWWOW放送

 「グレイズ・アナトミー」の舞台:シアトル・グレース病院のドクターだったアディソン(ケイト・ウォルシュ)をヒロインにしたスピンオフドラマ。

「グレイズ・アナトミー」では夫:デレクとの復縁に失敗、マークとの関係も絶ち、仕事では、外科部長になる夢も破れたアディソン。
彼女が新たな幸せを求めてやって来たのはL.A。友人のナオミが数人の開業医たちと経営する共同医療クリニック「オーシャンサイド・ウェルネス・グループ」の一員となり働き出すアディソン。開業医ばかりの病院での日々を描いた全9話。

アディソンは39歳。恋愛も仕事も挫折を味わったオトナの女。
このドラマの舞台「オーシャンサイド・ウェルネス」の医師はみんな30〜40代。
それぞれが痛みを知っている年代だからこそ、毎回包み隠さずに語られる男と女のこと、セックスのこと、仕事のことが20代ではきっとわからないオトナな内容だったりします。
39歳、アディソン。いくつになっても人生は変えられる。
海外ドラマの特徴である、ラストも突拍子もない形で終わっています。WOWWOWで秋にシーズン2が放映とのこと。気楽に見れるスタイリッシュでチャーミングなオトナのドラマです。


author: nagi
[海外ドラマ](プライベート・プラクティス) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3