スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

ユナイテッド93

UNITED 93 *ユナイテッド93*
2006年 アメリカ
監督:ポール・グリーングラス
<STORY>
2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センタービルに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。本作はこのユナイテッド航空93便に焦点を当て、綿密な取材の基に忠実に再現したサスペンス・ドラマ。

<感想> 評価 ★no Judgment
9.11同時多発テロ。WTCビルに旅客機が突っ込む映像は今も目に焼き付いて離れない。衝撃的だった。湾岸戦争の爆撃映像よりも。まるで映画のようで現実のことと思えないほど。
のちに明らかになった旅客機同時4機ハイジャックの事実。本作品は唯一ターゲットを破壊できず墜落したユナイテッド93の飛行機からの通話記録や管制塔とのやりとりからそのときの状況をリアルに映像化したドキュメンタリー作品。
あれだけ同時多発テロのニュースを見ていたのに、ユナイテッド93が目標を達せずに墜落したのは犯人のミスだと思っていた。この映画で事実を知った。もう少し早く、勇気を出してハイジャック犯と戦っていたら助かったかも知れないと思うとむなしくなる。
テロ組織のメンバーがハイジャック中に何度も「神よ、私をお導きください」的な祈りの言葉を呟くシーンが出てくるのだが、ナゼ神に祈りながらテロ行為をしたのだろう。テロリズムの根底にはいつも宗教が絡むことが虚しい。  
author: nagi
[映画評](や) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

やわらかな生活

やわらかい生活  
2006年 日本
監督:廣木 隆一

 <STORY>
一流大学から大手企業の総合職とキャリア街道を突き進んできた橘優子。しかし、両親と親友の突然の死をきっかけにうつ状態へと落ち込んでしまう。以来、躁鬱病を抱えて入退院を繰り返す優子は、やがてなんとなく居心地の良さを感じて東京の端っこ、蒲田へと引っ越してきた。そんなある日、いとこの祥一が転がり込んでくる…。

<感想> 評価 ★3
原作は絲山秋子氏の短編小説「イッツ・オンリー・トーク」。
絲山作品が好きで絲山さんの表現する空気感が好きなので
本作品を楽しみにしていたが、見終わった感想は
この空気感を感じるには私の場合、映像より
断然文章の方が感性に響くと言う事実だった。
寺島しのぶは等身大で自然体に演じていたし、豊川悦司はさすが!だった。
あんなに自然に優しさを与えてくれる男がいたら好きになるぞ。
東京蒲田の街の雰囲気、お風呂屋さん、タイヤ公園・・・景色はどこか懐かしくステキな映像だった。
つまり、期待し過ぎてはずれた感じなのである。
これは「ヴァイブレーター」もそうだったので
日本映画が良くなってきたとは言え、私の場合は期待し過ぎは禁物と1つ教訓を得た。
日本独特のふわ〜っとした空気感が好きな人向きかも。

※ 小説の感想はココへどうぞ  
author: nagi
[映画評](や) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ゆれる

ゆれる
2006年 日本
監督:西川 美和
<STORY>
東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔と再会する。翌日、兄弟はガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子と3人で近くの渓谷に足をのばす。ところが、川に架かる細い吊り橋で、智恵子が眼下の渓流へと落下してしまう。その時、そばにいたのは稔ひとりだった…。

<感想> 評価 ★4
映画に流れる空気感がたまらなくいい。
1つ1つの場面、背景までとても丁寧に作られていて、そのすべてに意味があるように感じられ、見入った。映画の持つ感情が私と同調した気がする。
田舎町の閉塞感を私は知ってる。兄弟(姉妹)、血を分けたものに対する複雑な感情がわかる、そして喪失感さえもわかる気がした。映画の中にはいろんな≪ゆれる≫が存在していて私の感情もまさに≪ゆれた≫。実家を、両親を、ガソリンスタンドを守ることで生きてきた兄、稔。閉塞感、束縛感から逃げることで生きる意味を見つけた弟、猛。上手に描いていたと思う。
この映画は、吊り橋から幼なじみの智恵子が転落死する事件か?殺人か?を中心に作られているが、兄弟と言う存在を語っている作品だ。
映画の冒頭、カメラマンとして「ギョーカイ」で生きてるオダギリジョーが会社のマネージャー風の女性にキスするシーンを見た時は、それだけでオダギリジョーにメロメロになりかけたが、一転、田舎町で必死に自分をつくって生きてる香川照之を見て切なくなってしまった。ガソリンスタンドで「オーライ!オーライ!OK」って叫ぶ声・・・ナゼかグッと・・心にきたりして。


※ノベライズ本「ゆれる」も読んでいたが先に読んでいて良かったかなと思う。
  書籍「ゆれる」についてはコチラ
author: nagi
[映画評](や) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3