スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

(映画) 50/50

50/50

2011年 / 米
監督:ジョナサン・レビン
CAST:ジョセフ・ゴードン=レビット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック
ブライス・ダラス・ハワード、グリーン・ホーネット

<STORY>
酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった。27歳という若さで、5年生存率50%のまさかの余命宣告。その日から、アダムの生活環境は一変。よそよそしい会社の同僚たち、看病の重圧に負けそうな恋人、同居を迫る世話焼きの母親…。病気のアダムに気遣って誰も今までどおりに接してくれない中、女好きの親友カイルだけは、今までと変わらない。カイルと一緒に病気を“ネタ”にナンパしたり、新米セラピストのキャサリンと手探りのカウンセリングを通して、“ガン”の日々を笑い飛ばそうとするアダム。しかし刻一刻と進行する病魔に、やがてアダムは平穏を装うことができなくなっていく


<感想> 評価 ★3
また内容を全く知らないまま鑑賞しました。
ジョセフ・ゴードン=レビット目当てでレンタルしたため、まさかの闘病モノとは(^^;)
だけど、良い映画でしたね、コレ。
私、苦手なんです。ガンになり、自暴自棄の毎日の中で、素敵なカレ(彼女)と出会い恋愛し、そして感謝を言いながら亡くなる的なストーリー・・・・好きじゃないの。
この映画はジョセフ演じるアダムが、思いも余ならい予後の悪いガンだと診断され、治療をすることになるが、生存率は50/50だと宣告。不安が消えないアダムは、悪友?のカイルに事実を打ち明ける。その時にカイルが言った一言が良い!「治る確率が50%?カジノの勝率なら最高だゾ」と。それで気持ちが少し軽くなるアダムがいたりする。
母親は、アルツハイマー病で自分のことも周りのこともわからなくなった父親の介護をしている。そして息子のガン発症。
アダムがウザがる気持ちもわかるが、母親である私からすれば、どれだけお母さんは心配だっただろうかって考えてしまいましたが。
闘病ものですが、とても患者の現実とか感情の描き方にリアリティーがあるなぁと思っていたら、元ガン患者だったウィル・ライザーが脚本の映画化だったようです。なるほど。

この映画を観て、もしも私の周りでアダムのような状況になったひとがいたとしたら、アダムのそばにガン宣告されたあとも、変わらずにそばにいた、カイルのようになれたらいいなと思った作品でした。

JUGEMテーマ:映画レビュー
author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(映画)6才のボクが、大人になるまで 

BOOYHOOD *6才のボクが、大人になるまで*

2014年 / 米
監督:リチャード・リンクレーター
CAST:エラール・コルトーレン、ローレライ・リンクレーター
パトリシア・アークウェット、イーサン・ホーク
チャーリー・セクストン

<STORY>
テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学で学ぶという母に従い、姉サマンサと共にヒューストンに転居、そこで多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋……。周囲の環境の変化に時には耐え、時には柔軟に対応しながら、メイソンは静かに子供時代を卒業していくのだった。やがて母は大学で教鞭をとるようになり、オースティン近郊に移った家族には母の新しい恋人が加わっていた。ミュージシャンの夢をあきらめた父は保険会社に就職し、再婚してもうひとり子供を持った。12年の時が様々な変化を生み出す中、ビールの味もキスの味も、そして失恋の苦い味も覚えたメイソンはアート写真家という夢に向かって母親から巣立っていく……。

<感想> 評価 ★4
この映画の魅力は、12年間に渡って架空の一家の人生を毎年撮影し続け、1つの作品として仕上げたところです。過去にこの手法で作られた映画はないと思います。ありそうでなかったある意味超大作は、人物の12年の人生をただ描いているのにドキュメンタリー映画ではなく、物語として成立しているところが素晴らしいです。
6才のメイソンがラストでは18才の青年になります。メイソンだけでなく、姉のサマンサも父のイーサンも、母のアークウエットも出演し続けている素晴らしさ。映画の中では、気持ちを語るシーンや、年月の説明など一切ありません。多くを語らなくてもそこにいる彼らの歳を重ねている様を見るだけで、わかってしまう。これは特殊メイクで歳で年月を重ねたことにして撮影するものと確実に違うところだと思いました。
当時流行ったゲームや、パソコン、TV番組を挟むことで、米国人は(あぁあの頃)と言うタイムスリップも味わえることでしょう。
また、親の生き方が、子どもの人生に影響を与えるんだなってジワ〜と感じてみたり、12〜17才ぐらいの思春期の子ども達の危うさを実感したり、まるで自分の家族の歩みを見るような気持ちになりました。
当然、映画のような劇的なことは何もない作品です。だからこそこれが人生。そんな作品です。

なんだか見終わってからジワジワ良くて、またいつか見直して見たいと思う映画でした。

※しゃらちゃんありがとう

JUGEMテーマ:映画レビュー
author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(500日)のサマー

(500) DAYS OF SUMMER   *500日のサマー*
2009年 / 米
監督:マーク・ウェブ
CAST:ジョセフ・ゴードン=レビット、ズーイー・デシャネル

500days.jpg<STORY>
グリーティングカードの会社に勤めるライターのトムは、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れするが自分から彼女に声をかけることができないでいた。そんなある日、偶然にエレベーターが一緒になり、話しかけてくれたサマー。同じ音楽が好きだとわかり仲良くなる。それでも積極的にサマーにアピールできないトム。28日目にようやく友だちの助けを借りてサマーに気持ちを告げるが、「恋人は欲しくないし、誰かの所有物になるのは理解できないから友達でいいなら仲良くなりましよう」と言われる。それでもトムは有頂天になる。友だちなのに毎日デートを重ね、食事もし、セックスもする関係。そんなふたりの関係にトムは戸惑い始めるが・・・。

<感想> 評価 ★3.5
コレは男子向きの作品じゃないでしょうか?恋愛下手な男子はきっとトムの、好きになってもなかなか告白出来ないところや、相手の何気ない言葉に舞い上がったり、落ち込んだりする気持ちは理解できるハズ。映画でよくあるような夢のようなラブロマンスと違って、リアルな恋愛映画だと思います。現実は、そんな劇的な出会いもないしね。
しかし、この作品を女子目線で見ると、サマーの身勝手な発言や態度、行動には少々イラッとします。とは言え、恋愛と結婚は別。気が合って楽しい人と惹かれる人は違う。と言う感覚は女子はあるんですよね。故に、サマーを全否定しかねるところはあります。
ほんとうの恋愛をまだ知らない男子が落ちてしまいがちな小悪魔的女の子をズーイー・デシャネルが好演。彼女のお人形のような顔立ちと雰囲気に多くの男子は自分を知らずに恋しちゃうんでしょうねー。トム役のジョセフ・ゴードン=レビットもキュートです。カレってめちゃくちゃイケメンでもないのに、雰囲気があるのかな?トム役にハマっていました。
映画の冒頭に<この映画は恋愛映画じゃありません>みたいな語りがあるんですけど、その通りです。甘い夢を見させてくれるような作品を見たいならチョィスしちゃダメです。この作品はただただリアルですから。
サマーに目がハートのトム。ここでキスしたら・・、ここは抱きしめないと!って場面をことごとく外します(笑)こんなんじゃ女子の心をきゅんとはさせませんよね。
単純に見れば、サマーは悪い女でトムが可哀想に見えるけれど、恋愛はふたりでするものです。どちらかの気持ちが多くてもダメ。同じだけ相手を好きで、尊敬し求めていることが大切。愛されてるだけでも、気が合うだけでも成立しないもんなんだと思うのです。この作品はその部分を鋭くついていると思います。
互いに影響しあったり、ふたりで高め合うのも恋愛なら、失恋したことによって変わることも恋愛の大切な意味だと今ならわかる私です。ラスト、トムはほんとうにツライ失恋をしたけれど、サマーから”何か”を得たのだと思います。そしてそれはサマーも。互いが別れたことによって選んだ人生を見て、これがリアルな恋愛なんだよなっと思いました。
また、作品としては、過去や現在とあっちこっちに飛ぶ構成、音楽の使い方、IKEAやビートルズなど日常に私たちが接しているものの使い方がユニークで上手かったと思います。

たった98分の作品だけど自分たちの日常と関わり合いが深い内容だからこそ感想も長く濃くなっちゃいます。それが素敵な映画と出会うよろこびでもあります。
見ている時より見終わったあとに良さを感じる作品でした。
author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

9<ナイン>〜9番目の奇妙な人形〜

9<ナイン>〜9番目の奇妙な人形〜
2010年/米
監督:シェーン・アッカー
制作:ティム・バートン、ティムール・ベクマンベトフ
   ジム・レムリー
声優:イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー

9.jpg<STORY>
 古びた研究室の片隅で、奇妙な人形が目を覚ます。身体は麻布を縫い合わせて作られており、腹部には大きなジッパー、背中には数字の“9”が描かれている。自分が誰なのか、ここがどこなのか彼にはわからない。恐る恐る外を見ると、見渡す限りの廃墟が広がっていた。茫然とする彼の前に現れたのは背中に“2”と描かれたボロ人形だった。2は壊れていた9の発声装置を修理し、我々は仲間だと語りかける。自分が独りではない事を知り。ホッとする9であったが、突如、巨大な機械獣が現れ二人に襲いかかってきた。だが、2は9を庇って連れ去られてしまう。気を失っていた9を助けたのは、他のナンバーをつけた人形たちだった。

<感想> 評価 ★3.5
中高生の映画鑑賞会にぜひコレを見せて欲しいと思った一作です。
驚異を感じるものから隠れてきた「1」をリーダーとする奇妙な人形たち。「2」に助けれたことで「9」は戦うことで守ると言うことを知ります。
9体の奇妙な人形は一見似ているけれど、それぞれに個性的なキャラクターがあります。
絶対的なリーダーである「1」。発明家で行動力のある「2」、好奇心旺盛な子どもの双子「3」「4」臆病だけれど何かをしなければと思っている「5」、芸術肌の「6」、女戦士の「7」、用心棒の「8」、そして主人公である勇敢な「9」。
私はタフで勇敢な女戦士の「7」が好きでした。
人間社会が滅亡し廃墟となったこの地球(ほし)で、麻袋で作られたつぎはぎだらけの奇妙な人形のみが生きる世界となっても人間性を継ぐ命がそこにあると言うメッセージなのかも知れません。
author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

2012

2012

2009年/米
監督:ローランド・エメリッヒ
CAST:ジョン・キューザック、ウッディ・ハレルソン、アマンダ・ピート

<STORY>
売れない小説家で副業でリムジン運転手をしているジャクソン・カーティスは、離婚している。2009年のある日、別居中の子ども達とイエローストーン国立公園にキャンプに出かけるが、公園で謎の男チャーリーから“地球の滅亡”が起ると聞かされ、さらに、その事実を各国政府は世間に隠し、密かに巨大船を製造し、限られた人間だけを脱出させる準備に着手しているという。始めは信じなかったジャクソンだったが、LAで至上最大規模の大地震が発生、それが時間と共にアメリカ全土へと拡大しはじめた。大地震、大津波、大噴火。ジャクソンは家族を守るために元妻と子どもたちと共に巨大船がある地を目指しはじめる。しかし彼ら一家を追うように、未曾有の大天災が次々と地球を呑み込んでいくー。

<感想> 評価 ★3.5
古代マヤ文明カレンダーの日付が、2012年12月23日で止まっている説をモチーフに作られた作品です。
この作品を楽しむには、まず予備知識はほぼ必要ありません。そして、Storyを追わず、天変地異で信じられない壊れ方をして行く地球のど迫力映像に驚きつつ、その状況下でも生きようと懸命に逃げ続ける家族を暖かく見ていればいいのです。そこまで割り切ると実にエンタテーメント力のある作品として楽しめます。不謹慎ですが、壊れてゆく地球を見ながら(おぉー!)と感嘆しましよう。
150分越えの作品もなかなかおもしろいです。まじめに見るようなストーリーではありません。映画の途中でイヤなヤツには最後にちゃんと制裁が下ります。あぁスッキリ(笑)
ラブシーンもえぐすぎるシーンも出ないので子どもとも一緒に見れる作品です。

※ 映画の感想のみblogは「Chinemaの箱 nagi style」へどうぞ。


author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

Dr.パルナサスの鏡

THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS
 *Dr.パルナサスの鏡*
 
2009年/英・カナダ
監督:テリー・ギリアム
CAST:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、
    ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル
    リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド
    トム・ウエイツ

drparunasasu.jpg<STORY>
千年の昔、パルナサス博士は悪魔と取引をし永遠の命を手に入れた。その取引とは自身の娘が16歳の誕生日を迎えたとき、悪魔に娘を引き渡すとこと。時は流れて2007年、パルナサス博士は旅芸人一座としてロンドンにいた。一座の出し物は、見るものを別世界にいざなう魔法の鏡。鏡のむこうではどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。パルナサス博士は何のために人々を鏡の世界にいざなうのか?一座につきまとう悪魔と橋に吊るされていた記憶喪失の青年トニーが加わってその謎が次第に明らかになっていく…。

<感想> 評価 ★3.5
ヒース・レジャーの遺作です。本作品撮影中にヒースが急死したため上映を危ぶまれましたが、H・レジャーと親交のあったジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウがH・レジャーが演じるトニー役を演じ完成した作品。
Storyも展開もテリー・ギリアム監督の世界観でした。設定は2007年。現代なのに、レトロチックな大道芸の屋台が都会にあるミスマッチ感。その屋台が放つ怪しさが時空間さえ惑わせ、シュールで幻想的です。
こう言う空気感を感じさせる作品に興味を引きます。
Storyのメインは千年の時を経て、再び悪魔のニックと駆け引きで戦うDr.パルナサスの話なのですが、それよりも鏡に飛び込んだそれぞれの人の幻想の世界や、首つり自殺しているところを大道芸人たちに助けられたトニーの正体、トニーの想像の世界、トニーと娘との関係の方が面白かったです。結局、何が言いたかったの?と言われたら的確に言えないかもしれませんがハッピーエンドで終わる映画です。

それより何より、ヒースがこの世から去った事が残念でなりません。「ロック・ユー」や「サハラに舞う羽根」、「ブロークバック・マウンテン」の正統派のヒースではなく、ひとクセもふたクセもある「ダーク・ナイト」のジョーカーのようなニヒルで怪しくセクシーなヒースでいっぱいです。この圧倒的な存在感。なのにもうヒースの新しい作品が見れないなんて・・・(涙)
こんなに残念に思うとは思いもしませんでした。
撮影の関係なのでしょう。現実のトニーはヒースが。鏡の中のヒースをジョニデ、ジュード・ロウ、C・ファレルが交代で演じているので作品的なクオリティーは下がっていません。逆にジョニデはヒースかと見間違うぐらいの激似。さすがのジョニデです。
ヒースを好きな方にはぜひ見てもらいたい遺作です。

※ 映画の感想のみblogは「Chinemaの箱 nagi style」へどうぞ。


author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(0) | trackbacks(2)
 
 

SAW

SAW 此*ソウ 6* 
2009年/米
監督:ケヴィン・グルタート
CAST:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ベッツイ・ラッセル
    マーク・ロルストン、ピーター・アウターブリッジ

<STORY>
死してなおジグソウの「ゲーム」は続いている・・・。
ジグソウの遺志を継いだホフマン刑事は、ジグソウが仕掛けるはずだった「ゲーム」を遂行していた。一方ジグソウの妻ジルはジグソウから遺品として箱を託されていた。その中には封筒が6通。ホフマンはジルの元を訪れ、ジルから5枚の封筒を渡される。その中には計算式に合わせて保険金の支払いを決めていた保険会社の幹部とその関係者たちの写真が入っていた。ホフマンはターゲットに対して「ゲーム」を仕掛けていく。一方、FBI捜査官のエリクソンは、科学的にジグソウの後継者を追い詰めるはじめる。

<感想> 評価 ★3
とうとう「SAW」シリーズも6作目。
ぶっちゃけもう期待感ゼロ。
「1」が意表をつくいい出来でSAWに魅了されちゃった以上、このシリーズをコンプリートしてやる!って気持ちだけで見続ける私です。

が、今回は以外と良かったかも?今までの作品と違って軸とするstoryがあるのでわかりやすいのです。「5」で放置されてた謎も一応明らかにされるし、今までのSAWとは違うものだと割り切って観ると、本シリーズは単純で理解しやすい展開でした。
SAWらしいのは冒頭シーンぐらいなもの。例のごとくあまりのグロさに2割しか見れずでしたがその後は結構直視もOKなあっさりめ。拷問も今回は少なかったような・・・。
重きをそっちじゃなくゲームの主人公となった保険会社の幹部に置き、人間性にスポットを当てているのでカレが強いられるゲームの意味がハッキリわかる設定でした。
ラストのラスト(※エンディングが流れ制作者など文字が流れ終わった本当のラスト)に
数秒の映像が入っていました。その映像を見る限りまだ次作がある感じ。
いやはやもう十分ですよね。ウワサじゃ「7」決定でしかも3D映像だと言うじゃありませんか!3Dなら映画館じゃなきゃ意味なしでしょー(涙)そこまでする必要があるのかよ?とツッコミながらも「7」出来れば観ますよー、そりゃ。
今や目標はシリーズコンプリートです(爆)


前作「5」がワケがわからない事が多く、何が言いたくて、何の目的で誰がジグソウの意思を継いでるのかもう1つわかりにく作品だったけれど、本作では明らかにされています。「5」は「6」への前フリだったようです。


※ 映画の感想のみblogは「Chinemaの箱 nagi style」へどうぞ。

author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

NINE ナイン

NINE *ナイン*
2010年/米
監督: ロブ・マーシャル
CAST:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス
     ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドンソン
     ソフィア・ローレン、ファーギー

<STORY>
1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニにとって、妻のルイザだけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラや主演女優のクローディアなど美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥っていく。

<感想> 評価 ★3
「シカゴ」の監督、ロブ・マーシャルの久々のミュージカル映画です。
映画にはS・ローレン、J・デンチをはじめとする大御所から、まさに今が旬のK・ハドソン、M・コティヤール、P・クルスなどなど9人もの女優が登場。女優陣が、グイドに対して、それぞれの立場と愛情表現で感情を表現するミュージカルシーンは圧巻でした。
まさしくこれぞハリウッド!大胆でセクシーなダンスシーンをパーフェクトに魅せてくれます。
その中でも私が1番良かったのは、マリオン・コティヤール。
あか抜けず、女優になる夢を持ってグイドの映画オーディションを受ける若いルイザから、カレの愛さえも手に入れて妻になったのに、さみしさと孤独ばかりの毎日にうんざり。それでも身勝手なグイドを愛しているルイザ。そして、自分の幻想から醒め、現実を見つめ、グイドと決別を決める過程まで、変化する女性の姿を見せています。映画の中のほんの短い時間の中にもルイザの人生を素晴らしく表現してて良かったです。

とは言え、やはりミュージカル映画。storyの内容は薄く感じてしまいます。それはミュージカルの特徴で、人物の感情表現はほとんどを歌とダンスで表現するワケです。それこそがミュージカルなのですが、そのシーンから感情を読むことに馴れていないとつまらない映画と言う印象になってしまうかも?
ダニエル・デイ=ルイス演じるグイドも異常なほどのダメ男でイラっとしますしね。
そう言う部分を諦めて、単純にハリウッド女優の表現するダンス&ソングシーンを味わうと言う鑑賞の方法もありだと思います。ミュージカルシーンだけでも見る価値は十分あります。
でもねぇ〜。ミュージカルはやはり「舞台」が最高です。
どれだけの完成品を見せられても「生の舞台」に勝てませんね。この映画でそれを確認しつつ、ファーギーのタンンバリンダンスに感動した私もいます。
あと、ニコール・キッドマンが主演女優の役で登場しますが、N・キッドマンにはもったいほどの存在感のない端役でした。

※ 映画の感想のみblogは「Chinemaの箱 nagi style」へどうぞ。


author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

THIS IS IT

評価:
コメント:本物のアーティストがこのDVDの中に存在します。MJがこの世を去ったことを心から悔しく思いました。

BDの中にいるのは本物のアーティストです。
音の細部にこだわり、動きの細部に心を配るアーティスト:マイケル・ジャクソンが存在しています。
MJはここ15年ぐらい、スキャンダラスなことでしかクローズアップされてきませんでした。だから、2009年7月にラストコンサートをすると発表された時も、期待感はありませんでした。正直、歌えるのかな?踊れるのかな?と思いましたしね。
実は3年前にマドンナのJAPAN LIVE(IN京セラドーム)へ行きました。そのとき、マドンナのライブはクオリティーは保っているけれど、私が好きだったマドンナとはほど遠いステージでした。年月を重ねているワケですし、時代も変わりました。マドンナが目指す方向性も変わったのでしょうけれど。
そう言うベースがあったので、MJのラストコンサートもCGを使ったり、MJ以外のダンサーが中心になったり、ヴォーカルも口パクっぽい雰囲気なんじゃないだろうか?と想像していたワケです。

そんな時の突然のMJの急逝。

改めてアルバムを聴いたら、どれだけ素晴らしいヴォーカリストだったかと言うことを再確認しましたし、20年を越えても古さを感じさせない楽曲の素晴らしさを知りました。
youtubeでは懐かしいMusic videoを検索してはダンスを観ました。

今日観た「THIS IS IT」の中には素晴らしい歌声とキレのあるダンスを披露するMJがいました。その姿は私の想像を遙かに越える歌唱力と、ダンサーの目も釘付けにするほどのダンスパフォーマンスでした。
MJは終わってなんかいなかったんだ。
MJは変わらないクオリティーで音楽とダンスを愛していたんだ。
胸が熱くなりました。
それと同時にこんな素晴らしいアーティストがこの世にもういないことが惜しくて哀しくて仕方ありません。

MJが存在してくれたこと、映像を残してくれたこと、楽曲を残してくれたことに感謝します。

 
author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
 
 

SAW 5

SAW 5
2008年/米
監督:ディヴィッド・ハックル
CAST:トビン・ベル、コスタス・マンディラー、スコット・パターン

<STORY>
九死に一生を得て助かったFBI捜査官ストラムは、傷一つ負わずにゲームから生き残ったホフマン刑事こそジグソウの後継者ではないかと疑う。一方、生前にジグゾウが弁護士に預けた遺言と、遺品を見て衝撃に襲われるジグゾウの元妻、ジル。場面は変わり、ある部屋の一室。コンクリートの床の上で5人の男女が目覚めると、犬の首輪に繋がれ、V字型の大きな刃がセットされていた・・・。

<感想> 評価 ★2.5
ソリッド・シチュエーションスリラーの先駆けとなった「SAW」シリーズの第5弾。
「4」の時点で(もういいやろ)と思いつつも「5」が出たならばやはり見逃すわけにはいかないと思わせる魅力がまだ尚ある。

過去シリーズに比べて残虐な処刑シーンの数は減ったものの直視出来ない”痛〜いシーン”、目を背けてしまうような映像シーンは健在。今回は過去と比べてストーリーが重視されている感じです。
アマンダが死に、ジグソウが死んだ後に誰がこのゲームを続けているのか?と言う部分については本作で明らかにされています。しかし、残されたままの「謎」や、新たな「謎」になったジグソウが妻に残した遺言と箱の内容と中身などは放置のまま終わり。
と、言うことは「6」もありと言うことだろうけど、そもそも「1」で受けた「SAW」独特の魅力である「衝撃や一種のワクワク感」は全くなくなってしまい、路線が変更された脚本・映像展開になってしまっているのに、コレ以上このシリーズを続ける意味があるのかな?と思ってしまいます。
とは言え、「SAW」をここまで見た以上、「完結」を見て終わりたい!
「6」をファイナルに!
もしくは「1」を越える新しい展開が出来るなら見せてもらいたいものです。
author: nagi
[映画評](ABC,123) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3