スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

そうだ、京都へ行こう 金閣 鹿苑寺

北野天満宮まで来たので、20分ほど歩いて金閣寺まで行ってみました。
言わずと知れた京都の五大観光寺院のひとつ。

臨済宗相国寺派 金閣 鹿苑寺(ろくおんじ)
京都市北区金閣寺町1 JR京都駅から市バス101系統 約30分

正式名は「鹿苑寺」。
鎌倉時代藤原一族がこの地に「西園寺」を建立。
鎌倉幕府滅亡後、荒れ果てた西園寺を足利義満が「北山殿」と呼ばれる邸宅を造営。
そのとき義満が建立してた「舎利殿」が今の金閣寺だそうです。
ここは、臨済宗。つまり禅寺なんですね−。
禅寺なのに金ぴか(笑)

総門矢印 ここを抜けた先に受付があります


舎利殿(金閣)と鏡湖池矢印

やっぱり周りの観光客の6割は外国人。
外国人大人気のスポットです。

矢印鏡湖池に映る金閣 今日のお気に入りの1枚


漆塗りに金箔を貼ったこの舎利殿。
1950年に金閣寺の若い僧侶によって放火され全焼してしまいました。
この話は、三島由紀夫の「金閣寺」や、水上勉の「金閣炎上」などの小説になっています。
その後、1955年に再建され今に至ります。



三層構造で1層目の寝殿造の中に足利義満像が安置(写真左)されているそうです
右は釈迦如来像矢印


二層と三層は漆塗りの上から金箔が貼られ、まさに金ぴかだそうです。

大きな庭園は手入れされ、美しいです

陸舟の松(りくしゅうのまつ)矢印

足利義満が手植えしたと伝えられる松だそうです。
舟の形に象られているので、この名がついたとか。
京都三松のひとつだそう。

旧西園寺跡もあります。

御朱印いただいて帰りました



JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へ行こう 北野天満宮

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る
上手く表現したもので、もう気がつけば3月。劇的に早いんですケド?
本年度は、やっと受験生のいない1年を過ごしました(←自虐)
しかし、姪っ子が高校受験。
可愛い姪っ子の力になるように・・と神頼みに行ったのは、
関西では有名な学業の神、菅原道真公が祀られている「北野天満宮」です。

「北野天満宮」京都市上京区馬喰町
JR京都駅より市バス51,101系統で約20~30分


平安時代の貴族だった菅原道真公は、大変勤勉で、学者となり、
のちに政治も任されるようになりましたが、藤原時平の指示で、
九州の太宰府に左遷され生涯を終えたとされているそうです。
だから菅原道真公由来の神社が2カ所もあるんですね。

道真公が丑年生まれと言うことから、
楼門までの石畳の両サイドには、何体もの丑が祀られています

ご利益の欲しい部分をなでると、願いが叶うと小さい頃から母に言われてずっと触り続けている気がします。
学業の神様「北野天満宮」は、関西圏で知らないひとはいないだろうほどの天満宮です。
私も、自分の受験に2度、その後自分の子ども達のために何度も参拝している、1番訪れている神社です。

楼門までの間に「梅苑」の入り口があります。
北野天満宮の梅林は、とても有名です。
ちょうど2月初旬~3月初旬までは梅林の季節です


道真公が読んだ有名な句
「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春を忘れるな」


社務所には、「大福梅」と言う北野天満宮の梅を塩干した御利益梅も売ってあります。

楼門矢印


矢印中門(三光門)ここを抜けると本殿です


本殿矢印

しっかり姪っ子の合格を祈願。
娘のTOEICスコアアップも祈願。

本殿前の梅(向かって左)「紅和魂梅(べにわこんばい)」矢印

樹齢約300年の梅だそうです。
無実の罪で京都から九州太宰府へ左遷された道真を慕って、梅が一夜で太宰府に飛んできたと言う伝説があるそうで、
この木と同種の梅の木が太宰府にもあるそうです。

御朱印いただきました矢印


おかげで姪っ子、無事本命高校合格しましたバンザイ


JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へいこう 伏見稲荷大社

1月も中旬。
おっ、初詣に行ってなかったエリザベス と言うことで「伏見稲荷大社」を参拝して来ました。

「伏見稲荷大社」京都市伏見区深草薮之内町68
JR奈良線 稲荷駅出口徒歩すぐ / 京阪本線 伏見稲荷駅下車約5分


初詣参拝客と、節分祭の狭間の1月中旬。
これでも参拝客が少ないと思うけれど、耳から聞こえる言語は、他民族言語だらけエリザベス
外国人7:日本人3 と言う感じ。
着物を着て歩いている人は、ほぼ外国人観光客ですDocomo_kao8
その着物を着ている外国人に声をかけて一緒に写真を撮っている人たちもこれまた外国人(笑)
不思議な光景が繰り広げられる境内を進みます。

「鳥居と楼門」

豊臣秀吉が1589年に造営したそうです目

天気の良い日に輝く朱色の鳥居や楼門は、まさに「ザ・ジャパン日本」。
人気の観光地なのがわかりますね。

「本殿」

お賽銭、二例二拍手一礼でお願い事を・・・・

境内MAP


私は占いを信じない方でしてDocomo_kao8
おみくじもほとんど引かないんですが、
本日は、初詣参拝なので、トライしてみました

なんと~「大吉」・・・ん?「向大吉(むこうだいきち)」だってエリザベス

おみくじの内容は、(あぁ。。なるほどね)と言う内容もありつつ。
大吉の中でも位は1番下のようだけど、名前の通り今年は大吉へ向かうでしょうと言うことで、
良し手

いよいよ、ウワサの千本鳥居へDocomo_kao1


見よ!この大混雑ぶりガーンネコ


ここを抜けると
「奥社奉拝所」に到着

有名なキツネを象った絵馬がたくさん

「おもかる石」


灯籠の前で願い事をしておもかる石を持ち上げます。
想像した重さよりも軽いと感じたら、願いが叶うとか。
私は・・・思ってたより重く感じちゃいましたがDocomo_kao8

鳥居の前は、狛犬ではなく、キツネさま
稲荷大社ですものね


これより先は、稲荷山を少しずつ登りながら参拝します


ここまで来ると観光客がグッと減り、
静けさの中の千本鳥居を見ることができます


稲荷山を全部頂上まで登れば良かったのですが・・
今回は諸事情あって、ここまで

山から見た千本鳥居の感じ


お稲荷さま 稲穂を咥えています

他にも鍵を咥えたキツネさんや、白い陶器のキツネさまもいるようです。
行かれた時は、探して見て下さい。

帰りに参道のお店で「生涯自分の足で歩く」と祈願されたお守りを
両親に買って帰りました


御朱印を頂きました



JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へいこう 常寂光寺

今年は秋のはじまりは早かったのに、11月が異常に暖かったせいで紅葉は期待できない年になったらしい。
とは言え、京都へ行くなら秋がいい。

紅葉を愛でに右京区嵯峨の「常寂光寺」

日蓮宗「常寂光寺(じょうじゃっこうじ)」
右京区嵯峨小倉山


最近、京都は外国人旅行者がほんとうに多い。
ここ常寂光寺にも日本の美:紅葉を見たいとたくさんの旅行者が。

仁王門:南北朝時代建立


門を越えて本堂までのこの石段が1番の見どころ!のハズなのに・・

ほとんど色づいていないし、色づいた葉は既に散り落ちてる

本堂前庭のもみじ




多宝塔(重要文化財)を紅葉ごしに望む


小倉山にあるこの寺は、嵯峨野の町を一望できます

左の高い山は比叡山。
比叡山の手前の山は衣笠山。このあたりに仁和寺や龍安寺があります。





黄色や赤、オレンジの紅葉が見れたのはこの付近だけ。
小さな頃は、こんな景色がいつも見れたような気がするんだけどなぁ

御朱印を頂きました



JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へ行こう 源光庵

京都を訪れるなら、やっぱり秋が良いと思う紅葉

有名どころの寺社仏閣へはそこそこ行ったけれど、京都にはまだまだ知らない魅力的なところがたくさんあります。
JR東海のCM「そうだ 京都、行こう」は、1993年から続く企画なんですね~。

22年も続いてるなんてすごい矢印上
歴代の「そうだ・・」を見ることのできるサイトもありました。(ココ
京都はそれだけ魅力的な場所ですね。
その中で、今回は、2014年に紹介された「源光庵」へ。

JR京都駅から地下鉄烏丸線「北大路」下車市バス北1号系統「鷹峰源光庵前」下車徒歩1分

曹洞宗 鷹峰山 賽樹林 「源光庵(げんこうあん)」


本堂には釈迦牟尼仏と霊芝観音が安置されているそうです。


山門への参道の左右にはまっすぐ伸びる北山杉が。
ススキも生えていて、まさに秋

丸窓は、禅の教えを表した丸窓の輪があります。


「鶴亀の庭」
北山を望む枯山水のお庭。
これがあの有名な窓から眺めると・・・・


このような感じに。
ん~、残念ながら紅葉にはまだ1ヶ月ほど早かったようで、緑もみじですが・・・


「迷いの窓」

最初にこの四角い窓の前に。
四角は「人間の生涯」を象徴しているそうです。
生老病死の四苦八苦を表しているそうです。
今までの自分自身を見つめ直す窓ですね。

次に「悟りの窓」

円は、「禅と円通」を表しているそうです。
円は大宇宙の表現でもあるそうです。
この窓と向き合うことで、何かに気づき、生まれ、悟りの境地へ導かれると言う思いが込められているとか。

このお寺は、本堂の血天井でも有名なんです。
外にはこんな案内板まであるほど

「伏見城の戦い」で、徳川家康の家臣:鳥居元忠一派は討ち死にした痕跡が残る床板を供養のために天井におさめたと言うもの。

この天井のシミは、380余人が自刃して果てた痕跡だそうです。

400年ほど前のもの?ってことですね?
中にはくっきりと足跡が残っているものも


本堂の奥には、鳥居元忠一派が供養されておりました。

御朱印を頂きました


JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へ行こう 東林院 梵燈のあかりに親しむ会

沙羅の樹の庭で知られる妙心寺塔頭、東林院が、毎秋恒例の夜間特別拝観をされています(10/9~18)。

「梵燈のあかりに親しむ会」
m3.jpg
今年はこな美さんと梵燈のあかりを見に行って来ました。

JR嵯峨野線:花園駅下車、徒歩7分ほどで着く妙心寺の大門
時刻は6時半すぎ。とっぷりと暮れた秋の夜長。
m1.jpg
昨秋、「梵燈...」には、サクラさんと訪寺(昨年の記事はこちら)。
今年6月には、こな美さんと「沙羅の花....」で訪寺しているので(その記事はこちら)、
今回で4回目ですので、ほぼ外灯のない妙心寺境内も、迷うことなく東林院まで歩けちゃいますきゃvネコ
静寂の境内を歩き、東林院に到着。
m2.jpg
拝観のみなら500円。

初夏にこのお庭で沙羅の花を愛でました。
そのお庭を風にゆらぐ梵燈のあかりが揺れます。


「沙羅の花を・・」の時には見ることのできない宿坊宿泊客のみが楽しめる奥の庭園を「梵燈」の時だけは、味わうことができるのも魅力です。
m4.jpg
今年の禅語は、「秋山風月清(しゅうざんふうげつきよし)」だそうです。
毎年禅語の教えをろうそくとあんどんの灯りで表現しておられます。

ー 今宵ひととき、世俗を忘れて清らかな境涯に想いを馳せ、吹き渡る風に揺れるろうそくの灯りと、月の光の下で、我が身、我が心も澄みきって輝きたいものー

と言う内容だそうです。

m5.jpg
昨年よりも訪問時間が遅かったせいで、夕暮れの梵燈ではなく、とっぷりと夜の梵燈のあかりでしたが、虫の声を聞きながら、丹精に手入れされているお庭と、風にゆれる梵燈のあかりを見つめるだけで心が洗われます。

気候もちょうど良くて、縁に座っていつまでもあかりを見つめることができました。
お寺には、和ろうそくがあり、100円で、ろうそくに祈りの言葉を書くことができます。
その和ろうそくは、来年以降の梵燈のあかりに使われるそうです。
私も言葉を書かせてもらいましたちゅん
私の願いが、この心のこもったお庭に置かれ、訪寺する方々に見てもらえると想像するだけでも、心が温かくなる気がします。

妙心寺、禅寺がやっぱり心落ち着く私です。

JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

クソ暑っつい京都へ行って来ました

Belly danceの練習、練習、そして公演とずっと忙しかった、こな美さんが一段落したと言うコトで、”へいへい平日~undefined”と歌う彼女と、クソ暑っつい京都へ行って来ましたきゃvネコ
とにかく夏が大嫌いな私がこの時期、街歩きなど絶対にできるワケがなく・・・・
今日は涼しく、教養を深めよう!と言うことでやって来たのはココ
京都市美術館


「ルーヴル美術館展2015」


今回のルーヴル展の主題は、日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄。
16~19世紀半ばの日常を描いた作品が中心でした。
キッチンの中で働く女性画や、風景画の中に描かれる農作業をする人々、放牧牛。
当時の町で流行ったであろう占い師に占ってもらっている女性の周りで繰り広げられる人間模様など、日常が読み取れる絵画が中心でした。
チケットに記載のフェルメール「天文学者」は、日本初来日だそうです。
もうこの絵画の前に立っただけで、フェルメールだきと思う独特の技法が見れました。

夕方近くに訪れたおかげで、それほど混雑なく見学出来た方だと思います。
チケットも即買えたしにやりネコ
なんと言っても美術館は涼し~ぜぇちゅん

隣の平安神宮に参拝もしました。
外国人旅行者がいっぱい!

大鳥居


平安神宮


このあと、ワクワクするこな美さんの話を聞きながら、木屋町南で美味しいお野菜料理を頂き、

ココ、中島みゆきBarで


最高に天然ボケのマスターの解放区の世界観を味わいながら、お店で偶然出会ったお客さんと、お話し。
まるで近くに居ながらの旅行者気分を味わった愛しい時間を過ごしました。

最近、こんな時間の1つ1つに「ありがとう」と言いたくなる。
この時間を笑いながら過ごせることに、「ありがとう」と思います。

また、がんばろー


 
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へ行こう 「法金剛院」

京都駅から嵯峨野線に乗り「花園」で下車、徒歩5分以内にある「法金剛院」。
ここにも沙羅の花がありました。
(あじさいを見たいなぁ~)って、へいへい平日で浮かれている女子のリクエストねこ

「法金剛院」京都十三仏第十番霊場 / 関西花の寺第十三番霊場
京都市右京区花園扇野町49

hou.jpg

平安時代建立のお寺で、「蓮の寺」として有名です。
寺内には、世界中の蓮を集めて苑池や鉢で育てておられます。
蓮は、極楽に咲く花とされ、見頃は7月初旬から1ヶ月。
少し蓮には早かったけれど、そのおかげで、
こちらでも沙羅双樹と・・・・
sara.jpg

あじさい
ajisai.jpg

ajisai2.jpg

そして時期が終わりの菖蒲を楽しむことのできる素敵な庭園を散歩しました
syobu.jpg

蓮にはいろんな種類があるんですねぇ~
蓮の花は、4日しか咲かないのだそうです。
命の短いお花だったんですね。
hasu1.jpg

開花は午前6時頃から咲きはじめ、3~4センチ開いたのちに8時頃には閉じはじめてつぼみの状態になるんだそう。
つまりこの写真のつぼみは、まさしく1日目の蓮ですね
hasu5.jpg

早朝から咲き始めた蓮は、9時頃が満開だそう。
hasu4.jpg

4日目には、早朝から咲き始めた蓮も、8時過ぎには散りはじめ、花托(かたく)だけが残るそうです。
hasi2.jpg

この花托は特徴的。
お盆の時になると、これが仏壇のお花としてお供えしてあった子どもの頃の記憶があります。

hasu3.jpg

ご本尊は阿弥陀如来(重要文化財)
文殊菩薩、地蔵菩薩、十一面観音菩薩など、重要文化財も見学することができました。
 
hourinn.jpg



JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へ行こう 「沙羅の花を愛でる会」東林院

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす(平家物語より)

3度目の訪寺です(過去記事、
今回は「ヘイヘイ、平日~♪」と久しぶりの平日休暇に浮かれて、無意識にハミングする女子と沙羅の花を愛でて来ました。

妙心寺が好きです。
枯山水も大好き。
宗教は精通してないけれど、禅寺が1番心静かに感じます。

「東林院」
ADD : 京都市右京区花園妙心寺町5
TEL :075-463-1334
JR山陰線花園駅下車 徒歩8分,市バス妙心寺前下車 徒歩6分


妙心寺には観光客はほとんど来ませんので、京都のお寺なのに静かです。
しかも、東林院は、年に3回の行事の時のみ公開(普段は非公開)。
すっかり有名ではあるけれど、密かな感じも好きです


沙羅の花は日本名はナツツバキ。
こんなにキレイに咲き誇っても、たった1日で散り落ちてしまいます。
それこそが無常・・・



どうせ落ちるなら、こんなところに散りたいと思うわたし・・・・あひょうパンダ


学生の頃、修学旅行や遠足で有名どころの名跡や神社仏閣へ行ったけど、何にも記憶に残ってない。
人は与えられたものでは身にならないと言うことかな。

自らがそれを求めて訪ねることに意味をなす

彼女と弾けて遊んでいたあの頃から、もう四半世紀の時が経つ。
今日と言うこの日をあの頃の私はまったく想像できずに日々を過ごしていた。

沙羅の花を愛でながら、この日、このときを彼女と過ごせることに色んなものに感謝したい気持ちになりました。
これも年端を重ねた証でしょうが、お坊様のお話を聞きながら、ぼぉ~とそよ風の流れるお庭を眺めながら
今までありがとう。これからもよろしく。
そう心から思ったのでした。


JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
 
 

そうだ、京都へ行こう 「清明神社」

久しぶりの「そうだ、京都へ行こう」シリーズ。
梅雨の晴れ間の京都へ出かけて来ました。

「清明神社」
京都市上京区晴明町806

「一の鳥居」

平安中期の天文学者、安倍晴明公が祀られている神社で、「厄除け」御利益の神社です。

安倍晴明と言えば、陰陽師陰陽
天文暦学の道を究め、霊術を使うことができた安倍晴明は、方位学、天文学による占術を行ったとされているようです。
なんと85歳まで生きたそうですが、謎多き人物であります。

「旧・一條戻橋、式神石像」

一條橋は安倍晴明と縁が深いそうで、橋の下に封じ込めた陰陽師の精霊「式神」を再現しているそうです。

「厄除桃」

古来陰陽道では、桃は魔除け・厄除けの果実とされているそう。
この桃を触って、自分の厄を落とします。
桃にもしっかり、清明桔梗印があります(★のマーク)

「本殿」と「ご神木(右)」

いろんなところに「清明桔梗印」がある清明公を祀っている本殿。
神木は樹齢300年とされる楠で、直接、幹に触れることができます。

「安倍晴明公像」


「末社」

斎(いつき)稲荷社です。
清明公はお稲荷さまの生まれ変わりとする説もあるそうです

清明井」


「日月柱」二の鳥居前の「月」と「日」をモチーフにした柱




修学旅行生も訪れていました。

御朱印をいただきました

そしてこれが御朱印帳の最後のページを飾ることになりました。
いよいよ次回から2冊目突入です

京都御所も少し歩き(予約してしか見学ができない宮内庁管轄の場所)
二条城にも行きました。
二条城は、外国人、修学旅行生で溢れかえっていました。
 
JUGEMテーマ:京都の寺社仏閣

 
author: nagi
[遊ぶ](京都へ行こう!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3