スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

(山を歩く)乗鞍岳(6) 富士見岳 2817m

いよいよ畳平へ向けて下山です

 

残雪がもあります。今年は残雪がとても少ないそうです

 

途中の「富士見岳」へ登りました

 

富士見岳2817m 登頂

 

頂上からは鶴ヶ池の”つる”が、キレイに見えました

 

高山植物も咲きほこっています

イワギキョウ

 

オンダテ、イワツメグサ、ヨツバシオガマ

 

このあと畳平まで戻り、昼食を食べてバスで帰路に着きました

 

今回のツアー:山旅人 12名参加 ガイド:豊田嘉英さん、添乗員:岡本さん

 

 

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)乗鞍岳(5) 剣ヶ峰 3026m

5時過ぎに肩の小屋をスタート。

 

ザレ道をあがって行きます。

ペースはとってもゆっくり

 

見下ろすと、肩の小屋が見えました(左下)雲海が広がっています(右)

槍ヶ岳や奥穂高、焼岳、水晶岳まで見えます

 

ザレ道をぐんぐん登るサクラさん

 

歩会では、前の方を歩かせてもらう私が、今日は最後尾♪

 

豊田ガイドが山並の説明をしてくれます

 

もうすぐ頂上

 

 

剣ヶ峰 3026m 登頂!

 

サクラさんと 後ろに見えるキレイな形の山は、御嶽山

 

剣ヶ峰の頂上には、乗鞍本宮が祀られており、鳥居もあります

 

1番右の尖ってるのが、槍ヶ岳

そこから左に順に 野口五郎岳、水晶岳・・・

 

下山途中に「頂上小屋」があり、オリジナルTシャツやバッチを販売されてます

 

登頂証明書付2016年度のバッチを買いました

 

そして下山。ゆっくりとしたペースで約2時間半でした

 

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)乗鞍岳(4) ご来光

7/20(Wed) 4時起床。

毎回の事ながら、家以外ではほとんど眠れず。

 

身支度をして、すぐ出発できる準備をしたあと、ご来光を見に出る。

目の前に現れたのはこの風景、雲海です

 

日の出は4:48 am

 

山旅人の岡本さんがモーニングコーヒーを淹れてくださいました

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)乗鞍岳(3) 肩ノ小屋 2800m

今夜は標高2800mにある「肩の小屋」にて宿泊。

この登山ツアーの目的は、日の入り、星空、そしてご来光もあるのです!

いざ、出発!

 

この雄大さ、この美しさ

 

雲がどんどん流れる、自然の音以外何も聞こえない

 

本日お世話になる「肩の小屋」

 

始めての山小屋泊。

気温は16度程度。4人相部屋(ちょっと緊張する〜)

高山病予防には、水分をしっかり取る。身体を冷やさないと指導を受ける。

夕食を食べ、今日の日の入りは19時過ぎと言うことで外に出ると・・・・

 

燃えるような落日

 

落日に照らされ赤く色づく山

 

 

ガイドの豊田さんによれば、こんなにキレイに見える確率は、25%くらいかな?と。

 

そして、東の空を見ると・・・ 満月との共演

 

満月を手に載せて・・・撮影:サクラさん

 

山旅人(登山ツアー会社)の添乗員:岡本さんと

ガイドの豊田さん

 

空の色は時間と共にどんどん変化します

 

今夜は満月。21時消灯。

明日は、4時起きで、ご来光を見たあと、剣ヶ峰山頂へ登山です

 

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)乗鞍岳(2) 魔王岳 2764m

乗鞍岳山頂畳平駐車場からすぐに登れる「魔王岳」

 

 

高度順応するため、ゆっくりガイドさんが登ってくれます

 

高山植物のコマクサが岩間からたくさん咲いていました

 

 

魔王岳から見る、畳平

 

イワツメクサ

 

逆さ 鶴ヶ池

 

そして登頂 約10分ほどでした

 

 

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)乗鞍岳(1) 乗鞍岳山頂畳平

(屋久島行ったら、山登りはやめるからね)

・・・歩会の方々にはそう宣言していました。

しかし、目標だった屋久島は完登できました(その記事はこちら

屋久島は、ほんとうに素晴らしかったです。

あの島が私を変えたんでしょうか・・?

 

山登りを、続けてみようかな?と。

 

その第一弾として、いつもの歩会から離れ、サクラさんと登山ツアーに初参戦してきました

選んだ山は、日本百名山のひとつ「乗鞍岳」

 

<2016年7月19,20日>

乗鞍スカイライン(乗用車通行規制あり)を通り、乗鞍岳山頂畳平までバスで。

 

乗鞍スカイラインから見えるアルプスの山並みの素晴らしさ!

 

畳平でバスを下車。

まずは、「乗鞍本宮」でこの旅の無事を祈願

 

御朱印も頂戴しました

 

畳平は標高2702m。日本で1番標高の高い駐車場です。

まずは、高度順応(高山病予防)させる目的もあり、魔王岳登ります。

 

 

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング

author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)妙見山 660m 初谷渓谷コース

・・・山登り、続けることにしましたDocomo88
屋久島を目標に山登りを始めて丸1年。
目標達成はしたので、いつでも「イチ抜けた〜エクステンション」はできますが、
メンバーと登ることや、その後のビールは最高で・・きゃvネコ
そう思える間は、鍛錬と思って続けることにしました。
山登りの楽しさは正直まだわかっていないです。
だけど、登らないと見られない景色があることはわかりました矢印上
しばらくは、次の目標を探しながら、練習を続けようと思います。
と言うことで、今日は新しいメンバー2名の歓迎と、創部1周年を記念し
妙見山を2時間ほど歩いて頂上まで登り、ランチはBBQを楽しみ、
ケーブルカーで下るユル〜い登山を楽しんできましたヤッタv

 

 

5/11 Sat 午前5時起き、6時前に自宅出発と言う過酷スケジュールで

 

 

集合は能勢電鉄「妙見口駅」

 

ここから、せせらぎをいくつか渡りながら頂上を目指す約6劼離魯ぅングスタート

 

平坦な山道だけど、森は深いです
せせらぎをの横を歩いたり

 

せせらぎを何度か渡ったりして歩きます

 

 

岩の上に杉が根を生やしてるのを見て、屋久島を思い出しました。
やっぱり、屋久島は良かったなぁヤッタv

 

 

頂上の能勢妙見山本殿を目指してラストの急坂を登ります

 

 

これが通称”心臓破りの坂”だそうですが・・・

 

この1年、鬼軍曹にもっと厳しい坂を登る訓練をされていたおかげで、
軽くクリア手

 

到着の石の鳥居

 

 


本殿でお参りし、御朱印いただきました

 


本殿の中ほどにある、大阪府と兵庫県の境い

頂上からの眺望 宝塚の街が見えました

妙見山660m 頂上でメンバーと

ここから「妙見の森BBQテラス」まで下ります
歩いても降りれますが、リフトもありま〜すき
6月はあじさいが咲いています

ビールとBBQで1周年をお祝いしました

焼きそばも

下りは、ケーブルカーで・・・

新しいメンバーゆうこちゃんは、やっぱりしんどかったようです。
そりゃそうです!私も1年前は、楽しそうに登ってるメンバーの気持ちが理解できないほどしんどかったですから。
この年令でも、人間は成長するんですねーエクステンション
1年の練習の成果か、まったくしんどくない楽しい登山でしたきゃvネコ
ん〜、やっぱり次が楽しみです
JUGEMテーマ:山登り&ハイキング
author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

縄文杉に会うと言うこと(屋久島へ行って)

屋久島の白谷雲水峡、縄文杉トレッキングの登山レベルは、中級下と言う感じでした。
これから屋久島へ行こうと検討されている場合、それほどキツい山を登る練習は不要かも知れません。
とは言え、白谷雲水峡で約6時間。縄文杉トレッキングで約10〜12時間は歩き続ける必要があります。
体力ギリギリで余裕なく登るのと、余裕があるのとでは全然違うので、近所の散歩よりは、山道を歩く練習はしていた方がベターです。
屋久島の山道は、花崗岩の上に苔や倒木がかぶさり、その上に生える杉と言う環境のため、根っこと岩だらけの山道です。私は屋久島を想定した「武奈ヶ岳」の登山をしていたおかげで非常に歩くのも楽でした。
できれば、そのような道がある山を屋久島へ行かれる前は登られてはどうでしょうか。

私の場合、400mレベルの山を登るのさえ最初はキツく、これで屋久島へ行けるのか?と言う状況でのスタートでしたが、約1年トータル7回の練習会に参加した成果があり、想像以上に楽に2つとも完歩することが出来ました。
縄文杉に会えたあと、バスでホテルまで帰る時、この1年が思い出され、思わず涙が溢れました。
きっと、それほど努力しなくてもある程度体力があり、根性さえあれば縄文杉には会いに行けます。
しかし、縄文杉に会うために、努力すればするほど、会いたい思いが強いほど、達成感は大きいはずです。
アラフィフの私が、何かを成すためにここまで努力したことは、ここ最近なかったので、今は充足感で満たされています。
同じように、メンバーには1年前、大腸ガンになり手術し、抗がん剤治療を経て、今回参加した人もいました。カレもまた、この1年を思い、こみ上げるものがあったそうです。
縄文杉に会うと言うこと。それは、バックグランドがあればあるほど意味のあるものになると思います。


JUGEMテーマ:山登り&ハイキング
author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)屋久島 縄文杉トレッキング 1300m

「縄文杉トレッキングコース」4/30(土)

1日遅れのメンバーも合流し、ホテルで前夜祭ビール
明日は4時半にホテル出発のため、10時台にベッドに入るも・・眠れない。
こんなに疲れてるのにぃ〜Docomo_kao20
アドレナリンのなせるワザか?寝入ろうとすると身体が痛い気もする・・なんてウダウダ思ってる間に眠れたようで3時半起床。

本日は、屋久島ガイド協会のガイドさん付きで縄文杉を目指します。
鬼軍曹ことB氏がガイド協会をチョイスし予約してくれたのですが、コレが当たりでしたバンザイ
本来なら、
3時半起床
4時半、ガイド協会のお迎え → 屋久島自然館まで
5時 荒川登山バス乗車
5時半 荒川登山口到着
がノーマルコース。
しかし今回は、屋久島ハイシーズンのため、ガイド協会さんがバスをチャーター矢印上ホテルから乗り換えなしのダイレクトで、荒川登山口に到着しました。コレは超ラッキーですエクステンション
もちろん、バスは定員MAX状態。帰路も全員の下山を待っての帰宅となりますが、それでも乗り換えなしでホテルまで帰れるならありがたいことです。
もしも、GWで屋久島を考えている方は、「屋久島ガイド協会」を要検討手

5時半頃、荒川登山口到着。まずは朝のお弁当を食べて、トレイを済ませ(女子は並びます、覚悟)、準備体操をし、12時間の登山に備えます。(普段は10時間。ハイシーズンで登山客が多いため今回は12時間)


いよいよスタートエクステンション 12時間のウォーク&クライムのはじまり
まずはトロッコ軌道を歩きます矢印

大正12年~昭和45年まで伐採した杉の運搬に使われたトロッコ線路です

このトンネルをくぐるって森の奥へ矢印 ガイドの金井さん


川が頭の上に流れてるんですよー矢印


ようやく朝が明けてきました矢印


トロッコは今も現役で動いてるんだそうです。
しかし、杉や人を運ぶ目的ではなく、縄文杉コースの環境保全目的での使用だそう

大きい1枚岩矢印

屋久島は花崗岩が隆起して出来た島。
苔、杉すべてのものがこの岩の上に生えているんですって!

大杉大橋矢印 欄干のない橋をいくつも渡ります


大杉矢印 このコースではじめて出会う屋久杉です

屋久杉とは、樹齢千年以上の杉を称するそうです。
それに満たない杉は、小杉と言うらしいです。

トロッコ道の横には、苔むした森があるところも
白谷雲水峡のようです矢印


小杉大橋矢印 スタートから約50分


小杉村跡地で一旦休憩。
ザックを下ろし、行動食を少し食べ、ストレッチ。
この3つの行動が、疲れにくいトレッキングの基本だそうです。
ん〜、いつもしてなかったことばかり。参考になります

携帯トイレブース矢印 小杉集落跡地

携帯トイレの用意はしていたけれど、結局使うことはありませんでした。
何事も経験なので、チャレンジすれば良かったかも〜汗

この根矢印 花崗岩の土地である屋久島。岩の中には根を張れないので、岩を抱くように根を張って育っている様です


三代杉矢印 倒木上更新と切株更新が一緒になっている杉

現在生育しているのは、三代目の杉

楠川分かれ矢印 こちらへ進めば、昨日歩いた白谷雲水峡へ続きます

かなり険しい山道だそう汗

ハイノキの花矢印 今年は元気に咲いているとガイドさん。逆に山桜があまり咲かなかったそうです


ふわふわ、もふもふのヒノキゴケ矢印


屋久シカに今日も会えました矢印

天敵がいないので、頭数が増えて今や害獣になっているそうです汗

仁王杉の阿形(あぎょう)矢印

安房川への急斜面に立ってます。
相方の吽形(うんぎょう)は、倒木してしまったそうです・・残念

翁岳(1860m)がキレイに見えます矢印


大株歩道入り口で休憩。出発から約2時間半程度。
ココでトイレをしておく必要があります。ハイシーズンは女子トイレは並ぶ覚悟でガーンネコ
トロッコ軌道はここで終了。ここから本格的な山道が始まります!


急に山道になり、呼吸もあがります。

翁杉矢印 2010年に倒木しちゃったそうです汗

樹齢2千年の翁杉は、縄文杉に次ぐ巨木だったそうですが、2010年に倒木。

屋久杉の年輪矢印

栄養分の少ない花崗岩の上に育つ屋久島の杉は、ゆっくり育つので年輪の幅も狭く長い年月生き続けているそうです

いくつもの苔の森を通り過ぎます




ウィルソン株矢印 中盤のクライマックスです
しかし、かなり混雑につきとりあえずスルー。帰り道に寄ることなりました

by B氏提供

大王杉矢印推定樹齢3300年

縄文杉が発見されるまで、この杉が屋久島最大級とされていたそうです。
もしかしたら・・・縄文杉より年令が上かも?

ここからは、世界自然遺産区域に突入エクステンション


夫婦杉矢印 手をつないでいるように見えます

2本が合体した合体木。
右の夫杉が倒れて左の妻杉の枝の間にスポッと挟まっているらしく、仲良く手を繋いでいるように見えます。
樹齢500才差あるカップルだそうですきゃvネコ

屋久杉として触れる杉矢印

杉の幹の音を聞いてみました

そして・・ついに縄文杉に会える瞬間ですエクステンション
その前に縄文杉すぐ横にわき水があるので、飲んでみました。
ガイドさんがいない登山客は素通りでしたので、ぜひここの水は飲んでみて!


そして縄文杉です矢印


樹齢2170年~7200年と諸説あるそうですが、この威厳。
写真では伝えきれない哀しさ。


現在確認されている屋久杉の中で1番大きい木

メンバーと共に縄文杉を眺んで矢印




さてここから少し下ったところで昼食でした。
ガイドさんが、暖かい味噌汁を下さいました。なんてありがたいサービスハート
でも写真ありません汗たぶんね、余裕がなかったんです、ハイDocomo_kao8
ここまでは来たけれど、ここから同じだけかけて下山しないとイケません

下山です。山のルールは登ってくる人優先!
なので、どうしてもハイシーズンは待機時間が増えます

宮之浦岳が見えました


とりあえず、ウィルソン株まで引き返す
そしてウィルソン株の内部へ・・・


ハート❤になるには、どう撮影するのかなぁ?


ハートにならんぞ・・
あ!見つけた〜 恋愛運アップの待ち受け画像だそうですよハート

内部は意外と広くて畳10畳ほどありました

山道を下って・・・


ここからは長いトロッコ軌道です

花を愛でながら
ヤマザクラ


木イチゴの種類


名前わからないDocomo_kao8


これも忘れたDocomo_kao8


5本杉矢印


時間調整で河原に降りてゆっくり遊びました
川の水に足を浸けて、すごく楽になりました。
ガイドさんがいればこんな体験もさせてくれます。もちろん時間調整のひとつですが、ぼぉ〜とバスで待つよりもいいです!


平坦なトロッコ軌道を歩きます


こんなことして遊んだり・・・


そして到着! 完歩12時間!
ガイドの金井さんと一緒に


荒川登山口 標高600m
縄文杉   標高1300m 高低差700m
所要時間 12時間

B氏提供矢印



JUGEMテーマ:山登り&ハイキング
author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(山を歩く)屋久島 白谷雲水峡 1050m

(いつか行きたい)を実現しましたエクステンション
マラソンとか登山とか、とにかくその手のものが苦手だったので、(行きたいなぁ)だけで終わってしまうだろうと思っていたけれど、その気になれば夢は叶う!
もちろん、充実した屋久島登山になるようにと、その日のために約1年間練習もしました。
だから、絶対に見たかったエクステンション白谷雲水峡の太鼓岩から見る景色と縄文杉。

と言うことで、不定期連載にはなりますが、屋久島登山記を3回に分けてupしますラヴネコ

まずは、「白谷雲水峡」編 4/29(金)

前日から屋久島入り。
屋久島町原にある民宿「風の散歩道」さんに宿泊。
前夜は民宿近くの「尾之間温泉」を楽しんだり、満天の星を満喫Docomo118
23時には就寝したけれど、興奮のせいでほとんど眠れないまま5時起床。
朝食を頂いて、6時半に民宿出発。

民宿から見える「モッチョム岳 940m」もうこの景色が大阪と全然違う


途中でお昼のお弁当(かもがわ弁当)を買い、友人(他のホテル泊)をピックアップして、白谷雲水峡へ(空港からクルマで約40分ほどの距離)

スタートの白谷広場矢印 7:40スタート


白谷広場から歩き出すとすぐに目の前には、
たっぷりの水量の白谷川矢印


さつき吊り橋矢印


二代大杉矢印 一代目の切株の上に二代目が成長した杉をこのように呼ぶそうです。

真ん中が空洞になっているのは、一代目の杉が腐ってなくなったから。

このように屋久島の土台は花崗岩で、その花崗岩の上に苔が生え、その上に杉などの木が生えている形です。
ですから、岩と根っこと苔の山道が続きます。

ボコボコ根っこと岩だらけの道矢印


苔だらけ矢印 ヒロハヒノキゴケ


三本足杉矢印 根元が3本に分かれた杉

石か倒木をまたいで成長し、長い年月で倒木か石が消えたのでこの形になったらしい。
樹齢300年。屋久島の中じゃまだ若い杉になるらしい。

何回も渓流を越えます矢印 水は冷たい


三本槍杉矢印 斜めになった太い幹に3本の杉が並んでいます

このような成長を「着生」と言い、屋久島ではよく見られました。
植物が他のもの付着して生育することで、養分を取るワケではないので「寄生」とは違うそうです。

ヤクシマホウオウゴケ矢印 水が多いところの生える苔で、もふもふしていてとても可愛いハート


矢印ゴジラに見えませんか?Docomo_kao1


奉行杉矢印 白谷雲水峡の中で最大に杉ですきらきら


二代くぐり杉矢印 株上更新をしたケヤキ

株上更新とは、倒木や切株の上に新たな木が育つことを言います。
屋久島では多く見られます。
切株は朽ちて空洞にになっています

矢印空洞はひとが余裕で入れる大きさ


森の中・・・、もののけ姫の世界です




株上更新して成長し続けた巨木矢印 
しゅうやんと比べると大きさがわかります


くぐり杉矢印 杉の根の間をくぐります


幹がいくつもに分かれた杉もありました矢印 


シカの宿矢印 雨宿りできるぐらい空洞が広いです
人と大きさを比べてみて


苔むす森矢印 「もののけ姫」のモチーフになった森

杉が倒れていたり、大きな岩があったり・・・
すべてが苔むしていてまるで絵画のよう。
空気がとても濃くて美味しく感じます

なかなかの傾斜を15分ほど辻峠へと登って行きます

武家杉と公家杉矢印 同じような2本が隣り合っています


「かみなりおんじ」矢印 落雷で焦げたあとがありました


休憩を入れながら約2時間半ほどで辻峠矢印へ到着


太鼓岩へのポイント地点矢印 さぁ、行くぞ!モードのメンバー


ここからは、このコース1番の傾斜と難度へ
その先に見えたのは、ずっと見たかったこの景色
太鼓岩とそこから見る屋久島一望の景色矢印 標高1050m


1ヶ月に35日雨が降ると呼ばれる屋久島で、この眺望はまさに奇跡きらきら
真ん中に見えるのは、小杉谷渓谷と安房川
明日はこの川沿いを歩いて縄文杉を目指すことになります


屋久島三岳と呼ばれる 栗生岳、宮之浦岳、永田岳がキレイに見えます


その後辻峠まで下山して、ランチです。
かもがわ弁当 440円矢印美味しかったです


このあと一気に下山しました。
割と膝が快調だったので、やや飛ばし気味だったようで、あと30分弱と言うあたりで左膝が痛みだしましたDocomo_kao20
やっぱり下山は注意危険が必要。
今回は、前回の武奈ヶ岳の教訓でかなり山道の歩き方を考え、実行したんですが、やはりオーバースピードは禁物ショボン
少々、明日の縄文杉トレッキングを不安に思いながら・・・

下山途中、初屋久シカに遭遇エクステンション 大人でも小さめが特徴


弥生杉矢印 樹齢3千年


マメ知識ですが、「屋久杉」と名乗れるのは、標高500m以上に生育し、樹齢千年以上の樹木のみだそうです。
縄文杉は超有名ですが、この弥生杉も素晴らしいです。
こちらは、割と軽いトレッキングで見に行けます。

上の枝部分が複雑で木材に適さないため伐採を逃れたために今も見ることができるのだそうです


少々不安を抱えつつも、白谷広場へ下山13時。

大岩矢印 白谷広場付近の白谷川沿いの大岩で遊ぶハート


ハイシーズンのGWにも関わらず、29日GW初日で、スタートが早かったからか、ほとんど人と会うことなく、6人だけのトレッキングみたいに森の中を楽しめたのはラッキーな誤算でしたVサイン
たぶん明日は相当の人でしょう・・・・

高低差440m。約5時間で完歩。
標準コースタイム6時間だそうです
(やっぱり鬼軍曹のスピードは速い汗思うに、下りが早い。もう少し休憩を入れようと思う)


by Bobby提供

JUGEMテーマ:山登り&ハイキング
author: nagi
[旅行記](山を歩く!) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3