スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

(海外ドラマ)「SUITS」 スーツ Season5(全16話)

 

 

シーズン5、面白かったです。
「4」で失速気味を感じ、やや期待薄で見始めましたが、「5」は見応えありました。

前シーズン、銀行投資家に転職したマイクでしたが、弁護士の仕事がしたくて事務所に復帰。
レイチェルにプロポーズもし、ふたりは結婚することに。
しかし、長年ハーヴィーの秘書として尽くしてきたドナが、ルイスの秘書になったことがキッカケとなり、不眠に悩まされ、セラピーを受けはじめたところからスタート。
suirt

「5」ではルイスの妹エスターが登場しました。エスターは、会社の社長であり、離婚訴訟の依頼をハーヴィーにすることに。その後、顧客から訴訟を起こされた件でも登場。ルイスの妹と知らない時に、エスターと関係を持ってしまったハーヴィーは、そのことをルイスに知られ、険悪になるエピソードもありました。
ピアソン・スペクター・リット弁護士事務所の所属弁護士:ジャックが前半のエピソードでは軸になっていました。ジャックは、ハードマン(元事務所代表)とも繋がっていて、「ピアソン・・・」を窮地に立たせるような手を使ってくることも。毅然と立ち向かうジェシカはカッコ良かったです。
そのジャックと仕事を一緒にしたマイク。ジャックはマイクの実力を知り、ジェシカに気に入られたい下心もあり、マイクをジュニアパートナーに推薦。マイクの経歴詐称の件もあり、ジェシカは難色を示しますが、マイクが昇進を断る理由もなく、結局ジュニアパートナーに昇進が決定。しかし、この頃から、マイクの過去を知る人間と仕事をすることになったり、盛大に結婚式をしようとするレイチェルの母親との確執が出てくるなど綻びが見え始めます。
そんなとき、マイクが経歴詐称で逮捕されてしまいます。検事局に誰が密告したのか?検事のギブスは、どんどんマイクとハーヴィーを追いつめ、マイクは陪審員裁判にかけられることに・・・。

と言う内容でした。

マイクは、検事のギブスと取引し、2年間刑務所に入ることになりました。レイチェルとの結婚も、彼女の将来(弁護士になる夢)のためにも、結婚はしないままで、です。
シーズン6、続きは決定しています。
弁護士でなくなったマイクは、このドラマにどのように関わっていくことになるのか、楽しみです。

 

JUGEMテーマ:海外ドラマ

author: nagi
[海外ドラマ](SUITS スーツ) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)「SUITS」 スーツ Season4(全16話)

SUITS   season4 

あらすじ・・・・
「3」で、さまざまな困難を乗り越え、最強コンビとなったハーヴィーとマイクだったが、マイクは経歴詐称の負い目もあり、起業したクライアントに誘われ、投資銀行家に転職。ハーヴィーの法律事務所のクライアントとなるが、マイクはある大企業の買収をめぐり、ハーヴィーと対決することに…。
一方、ルイスはウッドオール(前シーズン、マイクを追及した連邦検事)が証券取引委員会のマローンを事務所に送り込んでくることを知り、マローンを撃退すれば代表に仲間入りできると考える。だがマローンはジェシカとハーヴィーに、事務所で雇ってほしいと言いだし…。


「3」のラスト。
マイクが、ピアソン・スペクター弁護士事務所を辞め、投資銀行家に転身を決めたところから「4」はスタート!

投資銀行家としてマイクが最初に目をつけたのは、ギリス産業の買収。しかし、同じ会社の買収をローガンも顧問弁護士であるハーヴィに依頼してくることに。これにより、ハーヴィとマイクは対立関係になってしまいます。
その上、ハーヴィの依頼者=ローガンは、レイチェルの元カレ!それを知ったマイクとローガンも、企業買収に加えて感情的な対立も生んでしまい、複雑な状況に。
シーズン中盤(#1~7)までは、その話がベースで進んでいく連続エピソードでした。

このドラマの魅力は、若手天才脳を持つマイクが、敏腕弁護士ハーヴイと組むことで、策略を練り、実行していくところが魅力だったのに、「4」は中盤までハーヴィとマイクが対立。駆け引きを繰り返しお互いを追い詰めていく展開で、正直面白くない。
駆け引きの内容も高度で、法律に疎い私は、半ば義務感で見ていたエピソードさえあったほど。
そりゃマイクは経歴詐称してるワケで、もうピアソン・スペクターに戻ってハーヴィとタグを組むことはムリなんだろうなぁとは思っていたけれど、このままの展開だと、「5」を見るのはツライなと思いはじめたところ・・・弁護士事務所にマイク復活することに!!
脚本家さん、最初からそのつもりだったのか(はたまた、評判が悪かったからなのか)、とにかくマイクがピアソン・スペクターに戻った途端、話が面白くなってきました。やっぱりハーヴィ+マイクのコンビがこのドラマの魅力ですね。

#7以降、マイクがピアソン・スペクターへ戻ってからは、俄然面白くなりました。
リットが、マイクの秘密を知り、ジェシカを半ば脅す形で事務所の代表入りを果たし、事務所名が「ピアソン・スペクター・リット」に変更。#8~13あたりまでは、リットの傍若無人な振る舞いのエピソードが中心。
#14~16は、ドナが大ピンチに陥り、そのドナを必死に助けようとするハーヴィが、ドナへの愛情に気づきます。
ふたりは、セックスどころかキスさえもしなかったのだけど、逆にそれがエロテックでしたね−。
ラストエピソードで、ドナがルイスの秘書になるとハーヴィに告げて、去って行きました。
ハーヴィは「行かないでくれ」とは言ったけれど、結局それだけ・・・
お互いを愛しているとわかっているのに、この形しかないのかなぁ?
ふたりがこのままの方が良いような・・・幸せになって欲しいような・・・フクザツな気持ちです。
ハーヴィを満足させる秘書がドナ以外にいるのかな?次のシーズンは新しいハーヴィの秘書にも注目ですね。

平行して、鉄の女か?と思っていたジェシカに証券取引委員会勤務のカレ=マローンがいて、そのカレはジェシカを助けたいと申し出て、ピアソン・スペクターに来ることに。
部下になるのなら恋人関係は解消する・・・なんて言いながら、ジェシカもマローンに惚れてるようで、ふたりは関係を継続中。
だけど、またまたマイクの経歴詐称を隠すことによって、ジェシカを信用できなくなったマローンは、結局別れを選択します。
あのジェシカが、仕事を休んでふたりで旅行しようとしたり、ディナーを作ったりとカレを愛していたのに、ハーヴィとスコッティがダメになった理由と奇しくも同じ理由で別れてしまいました。
結局、ウソは本当に良いことを生まないとつくづくこのドラマを見ていて思います。
ウソはアカンわー

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](SUITS スーツ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)「SUITS」 スーツ Season3(全16話)

「SUITS」 Season

<Season3のあらすじ>
大手の“ピアソン・ハードマン法律事務所”の所長ジェシカは、問題が多い共同経営者ダニエル・ハードマンとの戦いに勝ったが、資金力があるロンドンの“ダービー法律事務所”と合併して事務所を強くしようと画策。“ダービー法律事務所”に主導権を握られると自身の出世があやうくなると考えたハーヴィーは最後まで合併に反対したが、実は弁護士の資格がない部下マイクがジェシカに脅されて屈したことにより、合併は決まってしまう。ハーヴィーはマイクを許せず、そんなハーヴィーとジェシカの間にも亀裂が走る。新たに生まれた“ピアソン・ダービー法律事務所”は、ダービーと関係が深い石油会社が司法省に訴えられた訴訟を担当するが、ハーヴィーの前に立ちはだかったのは、彼の検事局時代の元上司キャメロンだった。


3シーズンは、むずかしい訴訟が多くてやや難解だったかも?
だけど、ハーヴィーはやっぱりステキ。
そのハーヴィーに彼女が出来ます。ロースクール時代のライバル:スコッティ。

後半3話で大どんでん返しが起こります。
いつか来ると思っていたこの時が、シーズン最終話でやってきます。
つまり、シーズン4は、今までとはまったく違う展開になると言うことですね
それも楽しみではありますが、ハーヴィーの二の腕であるマイクが去ったあと、カレはどうなるのかな?とも思います。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](SUITS スーツ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)「SUITS」 スーツ Season2(全16話)

「SUITS」 Season



<Season2のあらすじ>
大手法律事務所ピアソン・ハードマンが誇る敏腕弁護士ハーヴィーのもと、表向きは新米弁護士として実力を発揮していくマイクだが、カレには弁護士資格を持っていないという重大な秘密があった。しかし、元親友であるトレヴァーの嫉妬心から所長のジェシカにその事実がバラされる。ジェシカはハーヴィーにマイクをクビにするよう命令する・・・。
ここからシーズン2はスタート。

シーズン2は、「ピアソン・ハードマン法律事務所」の共同経営者:ハードマンが、長期の休養から妻の死をきっかけに事務所トップとして返り咲こうと画策することが大きな筋。

今回は、ハーヴィーがクールに決めるわりには、窮地に立たされた裁判案件と、根性の悪いハードマンが所長復帰を画策するのを阻止するために苦労する話が中心。
マイクも、すっかり若手弁護士として活躍。しっかりとハーヴィーの片腕として仕事をこなしていました。
レイチェルとは、お互い惹かれあっているのに、マイクの隠す大きな大きな秘密のために進めないまま。
しかし、シーズンラストでレイチェルに事実を告げてしまうマイク。
また、ジェシカ所長は、イギリスの法律事務所と合併すると動き出すが、ハーヴィーは反対する。それを黙らせるために、マイクの虚偽を司法へ訴えると脅しをかけ、マイクはハーヴィーを裏切ってしまい、ふたりの信頼関係が崩れたところで終わりでした。

マイクはほんとうに良い弁護士で、やり手だけれど、ロースクールに通っていない、ハーバード卒でもない、つまり弁護士じゃないと言うウソは大きすぎ。もう限界かな?と。
だけど、ハーヴィーとマイクのコンビがこのドラマの大切なパーツなので、スーツを連続ドラマとして続ける上で、どう展開していくのか?と思います。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](SUITS スーツ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

(海外ドラマ)SUITS スーツ Season1(全12話)

「SUITS season 機

企画/制作指揮/脚本:
アーロン・コーシュ、ダグ・リーマン、
デヴィッド・バーティス、ショーン・ヤブロンスキー






 
CAST 役柄名
ガブリエル・マクト ハーヴィー・スペクター(敏腕弁護士)
パトリック・J・アダムス マイク・ロス(アソシエイト)
リック・ホフマン ルイス・リット(ハーヴィーのライバル)
ジーナ・トーレス ジェシカ・ピアソン(所長)
メーガン・マークル レイチェル・ゼイン(パラリーガル)
サラ・ラファティー ドナ・ポールセン(ハーヴィーの秘書)










<Season1のあらすじ>
ハーヴィーは、大手法律事務所「ピアソン・ハードマン」で働く敏腕弁護士。難しい訴訟を解決に導くクローザーとして一目置かれる存在だが、部下を持ちたがらず、面倒も一切見ない1匹狼だった。そんな彼を見るに見かねた所長のジェシカは、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じ、仕方なくハーヴィーはアソシエイトの面接を始める。
マイク・ロスはたったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、友人の勧めでマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていたが、それが警察の罠であることを見抜き、偶然ハーヴィーの面接会場へと逃げこむ。そこでハーヴィーは、マイクが天才的な頭脳を持っていることを見抜き、アソシエイトへの採用を決める。しかし、”ピアソン・ハードマン”は、ハーバード大学のロースクール出身者しか雇わない事務所。ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案し、2人は秘密を共有する運命共同体となり、数々の訴訟に挑んでいく。


(イヤイヤ~、それはムリがあるでしょぉ~よ?)と設定には思わずツッコミたくなったけれど、アメリカのロースクールで学ぶのは頭脳もお金も時間も相当必要なようだ。
正直、なんぼロースクールテストに全問正解で入学出来るだけの天才的頭脳を持っていたとしても、弁護士として勉強したことがないのに、マイクくん、これだけ活躍できますかね?と言う大きな疑問はさて置き(笑)Storyはとても面白いです。
法曹界=私の知らない世界でより興味もあるし、過去にいくつかの法曹界ドラマを通じ、裁判社会であるアメリカの実情、真実が勝つとは限らない現実、弁護士の手腕ひとつと言うのも知り、その意味で駆け引きがとても面白い。

マイクがもぐり弁護士であることもいつバレるんだろう?とハラハラする部分もある。
イケメンでやり手でイケスかないハーヴィーの役柄を、ガブリエル・マクトがソフトな顔立ちと育ちの良さ?を生かし、どこかチャーミングに仕上げているところも良い。
ハーヴィーの永遠のライバル?ルイスのキャラもとてもいいと思う。
連続ドラマの魅力は、見続けている内に、キャストたちを近いものに感じ、感情移入して行くところだと思う。
その意味でもキャストには申し分ない。

1のラストは、(おぉぉ?ここでバレるのか?)と言うところで終わるのも、次のシーズンを楽しみにさせる。

JUGEMテーマ:海外ドラマ
author: nagi
[海外ドラマ](SUITS スーツ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3